HOME学生生活支援奨学金について日本学生支援機構の奨学金返還免除・返還猶予について

最終更新日:2019.01.23

【大学院博士課程1年】第一種奨学金の採用時返還免除内定の手続き

平成30年度日本学生支援機構大学院博士課程第一種奨学生採用時返還免除内定候補者募集のお知らせ

貸与終了年度に申請する「日本学生支援機構大学院第一種奨学生「特に優れた業績による返還免除」」の候補者として,奨学生に採用された年度に内定される制度です。
内定者となった場合,博士課程在学かつ貸与期間中に優れた業績を挙げ,貸与終了年度に「特に優れた業績による返還免除」を申請することで,正式に返還免除候補者として推薦されます。

対象者

平成30年度に博士課程1年次に入学し,第一種奨学生として採用された学生が対象になります。

※ 平成30年度中に実施予定の全ての第一種奨学金採用種別(予約採用・在学採用・秋入学採用・緊急採用・臨時採用)の採用者が対象となります。
※ 第一種奨学金(海外大学院学位取得型対象)及び第一種奨学金(海外協定派遣対象)の採用者は対象となりません。

申請書類

各書類とも3部(原本1部・原本のコピー2部)提出してください。

(1) 「博士課程進学に伴う採用時返還免除内定候補者に係る申請書(様式2)」...全て手書きで記入し,氏名欄に必ず押印してください。
  様式2(pdfファイル)icon_pdf.gif
  記入要領(pdfファイル)icon_pdf.gif 
  記入方法(サンプル)(pdfファイル)icon_pdf.gif
(2) 「修士課程の成績証明書」

申請受付期間及び受付場所

(1) 受付期間 : 平成31年1月22日(火)~ 平成31年2月1日(金) 9:00~12:30,13:30~16:50
(2) 受付場所 : 学生支援課奨学資金係(アドミニストレーション棟1階7番窓口)

※ 窓口休止日 : 土日・祝日
※ 郵送は不可ですので,本人が窓口へ提出に来られない場合には「委任状」(A4任意様式,学生証番号・氏名・連絡先・来られない理由等を記入)を添付し,申請書類一式を代理の方へ依頼してください。

留意事項

(1) 内定者に認定(選考)された時点では業績評価を行っていないため,全額免除・半額免除の別は決定されません。貸与終了年度に「特に優れた業績による返還免除」を申請し,大学で業績評価が行われ返還免除候補者として日本学生支援機構へ推薦された後,免除額が決定となります。
〔特に優れた業績による返還免除〕
 http://www.c.u-tokyo.ac.jp/campuslife/scholarship/jasso/refundwaiver/type1/index.html
(2) 内定者に認定(選考)されても,以下のような場合は内定者の身分が取り消されます。
・ 貸与期間中に奨学金の交付に係る「停止」または「廃止」の処置を受けた場合
・ 貸与終了年度の返還免除候補者として推薦を行うまでの間に,修業年限内で課程を修了できなくなった場合(学位取得前に退学した場合も含む)
(3) 内定取消となった場合でも,貸与終了年度に「特に優れた業績による返還免除」を申請することは可能です。
(4) 内定者の認定(選考)は,研究科及び大学において推薦の上,日本学生支援機構の審議を経て決定されます。結果は,5月頃を目処に各申請者に通知します。

line01.gif

返還免除・返還猶予についてトップへ

学生生活支援