HOME総合情報概要・基本データ刊行物教養学部報608号

最終更新日:2019.04.16

教養学部報

第608号 外部公開

辞典案内 2019 漢和辞典

田口一郎

漢和辞典は、(1)主に漢文(中国古典文)を読むのに適したもの、(2)主に日本語の中の漢字・漢語を調べるのに適したもの、に大きく分けられる。

まず(1)から。①『全訳漢辞海』(三省堂、第4版2016年、3000円。iOS対応App第3版3000円)は、語法分析や品詞別の語義解釈に特色があり、用例・付録も充実し、目下このカテゴリーでは支配的。①以前に研究者必携であった②『新字源』(角川書店、3000円)は、2017年に親字(約13,500字)、熟語(約10,500)を強化した改訂新版となり、捲土重来を期す。用例を踏まえての語義説明や語法説明では①が優れ、②は伝統的な古典籍の熟語・説明に強い。③『支那文を読むための漢字典』(研文出版、第9版1999年、3000円)は、読解に役に立つ字書、①②の補完に。小型の辞典で解決できない問題は図書館等で④『大漢和辞典』(大修館書店、修訂第2版2000年、240000円)に当たるとよいが、完璧な辞書などなく、『大漢和』にこうある、と権威づけに使うと痛い目に遭う。漢文マニアの方は、漢和から「漢漢」に進まれては。中国最大の辞典⑤『漢語大詞典』(上海辞書出版社、各版)がよく使われるが、お薦めは⑥『辞源』(商務印書館、修訂第三版)。中国最古の辞書が修訂を重ねたもので信頼性抜群、歴史の厚みを感じて下さい。

(2)としては電子辞書・アプリ化もされている⑦『漢字源』(学習研究社、改訂第5版2010年、2900円。iOS/Android対応App 3100円)⑧『新漢語林』(大修館書店、第2版2011年、2900円。iOS/Android対応App 1900円)が何かと便利。⑦は収録字数が約17,000字と小型辞典で最も多く、書道愛好家にお薦め。日本語における漢字語の辞典としては、五十音引きの⑨『角川現代漢字語辞典』(角川書店、2001年、3800円)、近代文献から用例を集めた⑩『新潮日本語漢字辞典』(新潮社、2007年、9500円)が参考になる。

漢字自体への更なる興味を満たすには、白川静氏の⑩『新訂 字統』(平凡社、普及版2007年、6000円)・⑪『字通』(平凡社、普及版2014年、10000円)、⑫『学研新漢和大字典』(藤堂明保他編、学習研究社、普及版2005年、8800円)等があるが、定説とはいえない内容も含まれるので注意。中国語ができれば⑬『漢語大字典』(四川辞書出版社、第2版2010年)が参考になる。

(超域文化科学/国文・漢文学)

※辞書の価格について、特に注意書きのないものは税抜きとなります。

第608号一覧へ戻る  教養学部報TOPへ戻る

無断での転載、転用、複写を禁じます。

教養学部報