HOME総合情報教育プログラム教養学部 後期課程学融合プログラム進化認知脳科学

最終更新日:2015.09.03

進化認知脳科学

本プログラムでは、「人間とは何か」という根源的な問いに学際融合的に立ち向かうための方法論と基礎知識を与えることを目的とする。そもそも脳を知りたいのは人間を知りたいからである。脳科学の発展は近年著しいが、神経細胞の機能や分子遺伝学的詳細に力点が置かれている。これらの研究はむろん不可欠であるが、人間を理解するための脳科学からは距離がある。本プログラムでは、脳機能を適応の観点から捉え直し、脳科学を人間の科学として教育することを目指している。このため、人間の認知を、言語・社会・行動などを切り口として、情報処理過程という分析的な視点と、進化という統合的な視点から解明するための講義が用意されている。このようなプログラムは、国内はもとより国際的にもきわめてユニークである。本プログラムは、駒場キャンパスの進化認知科学研究センターとも密接に関わり、センターで行われている研究に参加し、実習を受けることも可能である。

学融合プログラムトップへ

総合情報