HOME総合情報ニュース公募・募集

最終更新日:2019.02.14

ニュース

公募・募集 2019.02.01

大学院総合文化研究科言語情報科学専攻(韓国朝鮮語)准教授・講師 公募

1.

職名及び人数

准教授または講師 1名

2.

採用予定日

2019年9月1日または2020年4月1日(予定)

3.

任期

なし

4.

試用期間

採用された日から6月間

5.

就業場所

東京都目黒区駒場3-8-1 駒場キャンパス

6.

所属

大学院総合文化研究科言語情報科学専攻/教養学部韓国朝鮮語部会

7.

業務内容

1) 大学院 言語情報科学専攻における言語科学の講義・演習・研究指導等を担当
2) 教養学部 後期課程(3・4年生対象)学際言語科学コースにおける講義・演習・指導等を担当
3) 教養学部 前期課程(1・2年生対象)韓国朝鮮語部会開講科目等を担当
4) 上記の活動に係る組織・行政上の業務を担当

教育・研究組織の概要については下記の URL を参照してください。
大学院 総合文化研究科言語情報科学専攻
http://gamp.c.u-tokyo.ac.jp/
教養学部 教養学科・超域文化科学分科 学際言語科学コース
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/academics/fas/dhss/ics/gengokagaku/
教養学部 前期課程
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/academics/zenki/index.html

8.

就業日・就業時間

専門業務型裁量労働制により、1日7時間45分・週5日勤務したものとみなされる。

9.

休日

土・日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

10.

休暇

年次有給休暇、夏季特別休暇、忌引休暇 等

11.

給与

東京大学の定めるところによる

12.

加入保険

文部科学省共済組合、雇用保険に加入

13.

応募資格

1) 言語学(韓国朝鮮語学またはその隣接分野)を専門分野とし、上記7.の教育活動に携わる能力を有する方。
2) 博士学位を有する方、もしくは2019年8月末までに取得予定の方。
3) 日本の大学での韓国朝鮮語教育歴を2019年8月末時点で3年以上有する方。
4) 学内の業務に支障のない日本語能力を有する方。

14.

提出書類

(A)自薦の場合
1) 履歴書(東京大学統一履歴書を以下のURLからダウンロードし作成すること。)
 https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/jobs/r01.html
2) 最終学歴を証明する書類(コピー可。学位取得予定者の場合、その旨を証明する所属長または指導教員の文書を添付すること)
3)研究業績リスト(学術論文、著書、学会発表等に分類。主要業績3点に○を付ける)
4) 上記主要業績3点(各1部、コピー可):なお、やむを得ない場合を除き、韓国朝鮮語、日本語のものをそれぞれ少なくとも1点含めること。業績については追加提出を求める場合がある。
5) これまでの研究の概要と今後の研究の計画(日本語で2000字程度)
6) 教育に関する抱負(日本語で1000字程度)
7) 応募者について照会できる人物2名の氏名・所属・連絡先

(B)他薦の場合
1) 履歴書(概要でも可。書式自由)
2) 研究業績リスト(概要でも可。学術論文、著書、学会発表等に分類。主要業績3点に○を付ける)
3) 上記主要業績3点(各1部、コピー可):なお、やむを得ない場合を除き、韓国朝鮮語、日本語のものをそれぞれ少なくとも1点含めること。業績については追加提出を求める場合がある。
4) 推薦書(A4判用紙に2枚程度。書式自由)

15.

提出方法

封筒に「応募書類(韓国朝鮮語)在中」と朱書し、記録が残る方法で下記住所に送付のこと。
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
東京大学大学院 総合文化研究科 言語情報科学専攻
専攻長 森 芳樹 宛
※応募書類は返却いたしませんので、予めご了承ください。

16.

応募締切

平成31年3月8日(金)必着
・書類による一次選考を通過した方に、二次選考として3月中旬(予定)に面接を行ないます(遠隔地については、面接の方法を考慮します)。その際、模擬授業をお願いすることがあります。なお、面接のための交通費・宿泊費は支給されません。

17.

問い合わせ先

e-mail: admin [at mark] boz.c.u-tokyo.ac.jp
(上記メールアドレスの [at mark] を@に置き換えてください)

18.

募集者名称

国立大学法人東京大学

19.

その他

取得した個人情報は、本人事選考以外の目的には利用しません。
東京大学は男女共同参画を推進しております。

前のページへ戻る

総合情報