HOME総合情報ニュース公募・募集

最終更新日:2019.04.19

ニュース

公募・募集 2019.03.29

東京大学大学院総合文化研究科留学生担当教員(日本語教育)公募

1.

職名および人数

専任講師 1名

2.

採用予定日

2019年9月1日,もしくはそれ以降のできるだけ早い時期

3.

任期

あり(5年)
採用後4年目までに実施する審査により任期の定めのない教員となる可能性があります。

4.

勤務地

東京都目黒区駒場3-8-1 東京大学駒場Iキャンパス

5.

所属

大学院総合文化研究科・教養学部附属グローバルコミュニケーション研究センター

6.

業務内容

1) 日本語補講、「短期交換留学プログラム」(USTEP/AIKOM)および「教養学部英語コース(PEAK: Programs in English at Komaba)」の日本語科目の授業を担当します。また、日本語教育カリキュラムの立案からコーディネート、教材開発、その他プログラムの運営に関わる業務や、PEAKの運営に関する各種業務を行います。
2) 留学生相談に係る業務
3) その他、国際交流や留学生に係る業務。

7.

就業日・就業時間

専門業務型裁量労働制により、1日7時間45分・週5日勤務したものとみなされる。

8.

休日・休暇

原則として土・日、祝日(ただし、祝日が授業振替日になることがあります)、年末年始(12月29日~1月3日)、年次有給休暇、夏期特別休暇、慶弔休暇 等

9.

給与

東京大学の就業規則に基づき支給します。扶養手当、住居手当、通勤手当は要件を満たした場合に支給します。

10.

社会保険等

文部科学省共済組合、雇用保険に加入します

11.

応募資格

1) 日本語教育、または関連分野における博士の学位を有すること、または着任時までに取得見込みであること
2) 大学学部レベルの第二言語としての日本語を教える教育能力・日本語能力を有し、高等教育機関等で日本語を教えた経験が3年以上あること(個人授業,TAは除く)
3) 上記「6.業務内容」の日本語授業科目や運営業務において必要なレベルの英語が使えること
4) プログラム・コーディネーション、および、アカデミック・ジャパニーズの授業運営経験がある方が望ましい。

12.

提出書類

1) 履歴書(東京大学統一履歴書フォーマットを以下のURLからダウンロードして使用してください
 https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/jobs/r01.html
2) 最終学歴を証明する書類(コピー可。学位取得予定者の場合、その旨を証明する所属長または指導教員の文書を添付してください)
3) 研究業績目録(学位論文、著書、研究論文、その他)
4) 教育貢献目録(これまでの担当授業科目、留学生関係業務等)
5) 主要研究論文等3編(コピー可)
6) これまでの研究概要と今後の研究の計画を記した文章(日本語で1000~2000字程度)
7) 本学での日本語教育・留学生業務についての抱負(日本語で1000字程度)
8) 本人についての参考意見を求めうる方2名の氏名・所属・連絡先(電話番号およびメールアドレス)を記した書類

13.

応募締切

2019年5月20日(月)必着
書類選考の上、合格者に対し面接および模擬授業を実施します(5月末か6月上旬の予定)。本学へお越しいただくことを原則としますが,遠方からの応募者の方にはオンラインでの面接・模擬授業を認めることがあります。なお、面接等に要する交通費・宿泊費などは自己負担とします。

14.

書類送付先

および

問い合わせ先

153-8902 東京都目黒区駒場3−8−1
東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属グローバルコミュニケーション研究センター
日本語教員募集担当 松下達彦 宛て(「応募書類在中」と朱書し,記録が残る方法でご送付ください。)
e-mail: cgcs_jp[at]global.c.u-tokyo.ac.jp  ※[at]は@に置き換えてください。

15.

特記事項

試用期間あり(採用日から6ヶ月間)

16.

募集者名称

国立大学法人 東京大学

17.

その他

応募書類は原則として返却しませんが、書籍については、ご希望があれば着払いで返却しますので、その旨、ご記入ください。
取得した個人情報は、本人事選考以外の目的には利用しません。
東京大学は男女共同参画を推進しています。

前のページへ戻る

総合情報