HOME総合情報ニュースイベント

最終更新日:2019.10.10

ニュース

イベント 2016.08.30

総合文化研究科・教養学部 駒場博物館 特別展 「構造折紙展/Structural Origami」

区分

展示
対象者

社会人・一般 / 在学生 / 受験生 / 留学生 / 卒業生/ 企業 / 小学生 / 中学生 / 高校生 / 大学生

開催日時

2016年9月10日 - 2016年10月2日

会場

目黒区駒場3-8-1
大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館1階展示室南側

参加費

無料

申込方法

事前申込不要

概要

紙は伸びたり縮んだりはしにくく、簡単に曲げたり折ったりできる材料です。このような材料の振る舞いは「折り」によって支配されています。薄い材料が壊れるときには折り目の幾何的パターンが自己組織化されます。折り目で構成された形は、かたくて強い建築構造になります。いっぽうで折り目の入り方によっては、立体形状をやわらかく折り畳むこともでき、宇宙で展開する構造物や、変形できるロボットといった応用へとつながります。このような「折紙」は近年では数学、情報、工学、生命科学、デザイン、芸術、教育といった領域を横断的した協働を通して研究が進んでいます。
本展示では、構造的な折紙を解説し、最先端の折紙構造を紹介します。

Paper is a material that can neither stretch nor shrink, but can easily bend or fold. The behavior of paper is governed by “folding.” The geometric pattern of origami is self-organized when a sheet material breaks. The interactions between panels and folds exhibit stiffness and strength, which can lead to structures at the architectural scale. Different folding patterns can yield flexible structures that can compactly fold, leading to deployable structures in space or transformable robots. The concept of "origami" is now being researched through a collaboration between various fields, including mathematics, computer science, engineering, biology, design, art, and education.
This exhibition introduces structural origami and state-of-the-art origami structures.

関連URL

http://museum.c.u-tokyo.ac.jp/exhibition.html#origami2

お問合せ先

駒場博物館
03-5454-6139
komabamuseum@adm.c.u-tokyo.ac.jp

 

前のページへ戻る

総合情報