HOME総合情報研究組織教員紹介・検索新任教員紹介

最終更新日:2016.12.07

新任教員紹介

成田 大樹(ナリタ ダイジュ)

所属 専攻国際環境学教育機構
学科学際科学科
部会PEAK前期
職名 准教授
発令年月日 2017年9月 1日

 

略歴 ■最終学歴
Graduate School of Arts and Sciences, Columbia University
■学位
2008年5月 Ph.D
■前任職
北海道大学大学院経済学研究院 准教授

 

担当科目 ■前期課程
意思決定の数理
■後期課程
環境経済学、環境と開発、数値シミュレーション技法
■大学院
環境管理・政策論

 

研究活動 ■研究分野
環境経済学
■研究業績
  1. Narita, D., and U.J. Wagner, “Strategic Uncertainty, Indeterminacy, and the Formation of International Environmental Agreements,” Oxford Economic Papers 69 (2): 432–452, 2017
  2. Narita, D., and K. Rehdanz, “Economic Impact of Ocean Acidification on Shellfish Production in Europe,” Journal of Environmental Planning and Management, DOI:10.1080/09640568.2016.1162705, 2016.
  3. Lontzek, T.S., D. Narita, and O. Wilms, “Stochastic Integrated Assessment of Ecosystem Tipping Risk,” Environmental and Resource Economics 65 (3): 573–598, 2016.
  4. Narita, D., and G. Klepper, “Economic Incentives for Carbon Dioxide Storage under Uncertainty: A Real Options Analysis,” International Journal of Greenhouse Gas Control 53: 18–27, 2016.
  5. Cai, Y., K.L. Judd, T.M. Lenton, T.S. Lontzek, and D. Narita, “Environmental Tipping Points Significantly Affect the Cost−Benefit Assessment of Climate Policies,” PNAS, 112 (15): 4606-4611, 2015.
  6. Rehdanz, K., H. Welsch, D. Narita and T. Okubo, “Well-Being Effects of a Major Natural Disaster: The Case of Fukushima,” Journal of Economic Behavior & Organization, 116 (C): 500-517, 2015.
  7. Narita, D., and M. Quaas, “Adaptation to Climate Change and Climate Variability: Do It Now or Wait and See?” Climate Change Economics, 5 (4) 1450013, 2014.
  8. Golub, A., D. Narita, and M. Schmidt. “Uncertainty in Integrated Assessment Models of Climate Change: Alternative Analytical Approaches,” Environmental Modeling and Assessment, 19 (2), 99-109, 2014.
  9. Hsiang, S.M., and D.Narita. “Adaptation to Cyclone Risk: Evidence from the Global Cross-Section,” Climate Change Economics, 03, 1250011, 2012.
  10. Narita, D., K. Rehdanz, and R.S.J. Tol. “Economic Costs of Ocean Acidification: A Look into the Impacts on Global Shellfish Production,” Climatic Change, 113 (3), 1049-1063, 2012.

 

採用理由 成田氏は、本学理学部化学科を卒業、理学系研究科化学専攻で大気汚染の計測について研究され修士号をとられています。その後、科学技術庁(当時)に入庁、文部科学省および内閣府で行政官を7年間務められました。その間、米国・コロンビア大学へ留学され、Sustainable Development Programという学際的なプログラムの第一期生として博士号・Ph.D. in Sustainable Developmentを取得されました。博士号取得後、ドイツ・キール世界経済研究所に6年ほど研究員として勤めて以後、環境と天然資源に関する経済研究に携わっておられます。その後2年間のJICA研究所・研究員を経て、駒場赴任前1年半北海道大学大学院経済学研究科准教授を勤めてこられました。

成田氏の専門は環境経済学および開発経済学、特に研究分野としては、環境を経済価値としてどのように評価するかというテーマを中心に取り組んでおられます。成田氏は、これにリスクと不確実性の概念を持ち込み、理論分析に加え、コンピュータモデルによる分析を行っています。これまでPNAS, Journal of Economic Behavior and Organization, Oxford Economic Papers, Energy Policy, Energy Economicsなど世界的に著名な学術雑誌に論文を発表され、さらに国際的に著名な研究者との共同研究発表も多くなされています。

現在の研究テーマとして、不確実性下における気候変動適応対策の経済評価など、学術的にも社会的に重要なテーマに取り組んでいること、数値シミュレーションなど理系的な科目も含めて、多様な教育を担当していただくことが可能である点、さらには行政官として科学技術行政担当の経験もあることなどから、PEAK国際環境学コースに来て頂くにはこれ以上の人材はいないと言えます。

 

新任教師一覧へ戻る

教員紹介・検索