HOME総合情報研究組織教員紹介・検索新任教員紹介

最終更新日:2016.12.07

新任教員紹介

寺尾 潤(テラオ ジュン)

所属 専攻相関基礎科学系
学科統合自然科学科
部会化学
職名 教授
発令年月日 2016年9月 1日

 

略歴 ■最終学歴
大阪大学大学院・工学研究科
■学位
1999年3月 工学博士
■前任職
京都大学大学院工学研究科 准教授

 

担当科目 ■前期課程
有機反応化学
■後期課程
有機化学
■大学院
物質化学特論

 

研究活動 ■研究分野
化学(有機化学、機能性化学、高分子化学)
■研究業績
  1. “Enhancement of Phosphorescence and Unimolecular Behavior in the Solid State by Perfect Insulation of Platinum–Acetylide Polymers”, Hiroshi Masai, Jun Terao, Satoshi Makuta, Yasuhiro Tachibana, Tetsuaki Fujihara, Yasushi Tsuji, J. Am. Chem. Soc., 136, 147
  2. “Synthesis of One-Dimensional Metal-Containing Insulated Molecular Wire with Versatile Properties Directed toward Molecular Electronics Materials”, Hiroshi Masai, Jun Terao, Shu Seki, Shigeto Nakashima, Manabu Kiguchi, Kento Okoshi, Tetsuaki Fujihara, Yas
  3. “Design Principle for Increasing Charge mobility of π-Conjugated Polymers Using Regularly Localized Molecular Orbitals” Jun Terao, Akihisa Wadahama, Akitoshi Matono, Tomofumi Tada, Satoshi Watanabe, Shu Seki, Tetsuaki Fujihara, Yasushi Tsuji, Nat. Commun.
  4. “Insulated Molecular Wire with Highly Conductive π-Conjugated Polymer Core”, Jun Terao, Yuji Tanaka, Susumu Tsuda, Nobuaki Kambe, Masateru Taniguchi, Tomoji Kawai, Akinori Saeki, Shu Seki, J. Am. Chem. Soc., 131, 18046-18047 (2009).
  5. “Synthesis of Organic-Soluble Conjugated Polyrotaxanes by Polymerization of Linked Rotaxanes”, Jun Terao, Susumu Tsuda, Yuji Tanaka, Kento Okoshi, Tetsuaki Fujihara, Yasushi Tsuji, Nobuaki Kambe, J. Am. Chem. Soc., 131, 16004-16005 (2009).
  6. “Cross-Coupling Reaction of Alkyl Halides with Grignard Reagents Catalyzed by Ni, Pd, or Cu Complexes with a π-Carbon Ligand(s)”, Jun Terao, Nobuaki Kambe, Acc. Chem. Res., 41, 1545-1554 (2008).
  7. “Self-Organized Interconnect Method for Molecular Devices”, Masateru Taniguchi, Yoshihiro Nojima, Kazumichi Yokota, Jun Terao, Kimihiko Sato, Nobuaki Kambe, Tomoji Kawai, J. Am. Chem. Soc., 128, 15062-15063 (2006).
  8. “Ni-Catalyzed Alkylative Dimerization of Vinyl Grignard Reagents Using Alkyl Fluorides”, Jun Terao, Hiroyasu Watabe, Nobuaki Kambe, J. Am. Chem. Soc., 127, 3656-3657 (2005).
  9. “Ni- or Cu-Catalyzed Cross-Coupling Reaction of Alkyl Fluorides with Grignard Reagents”, Jun Terao, Aki Ikumi, Hitoshi Kuniyasu, Nobuaki Kambe, J. Am. Chem. Soc., 125, 5646-5647 (2003).
  10. “Nickel-Catalyzed Cross-Coupling Reaction of Grignard Reagents with Alkyl Halides and Tosylates: Remarkable Effect of 1,3-Butadienes”, Jun Terao, Hideyuki Watanabe, Aki Ikumi, Hitoshi Kuniyasu, Nobuaki Kambe, J. Am. Chem. Soc.,124, 4222-4223 (2002).
■その他
高分子学会日立化成賞(2016)、HGCS Japan Award of Excellence(2013)、シクロデキストリン学会奨励賞(2010)、Merck Banyu Lectureship Award(2007)、文部科学大臣表彰若手科学者賞(2007)、三井化学触媒科学奨励賞(2007)、ケイ素化学協会奨励賞 (2006)、石油学会奨励賞(2006)、日本化学会進歩賞(2005)

 

採用理由 寺尾潤氏は有機化学に立脚した物質変換法の開発と新物質の開発を行っており、最近の中心的な研究は被覆効率の高い分子電線の開発である。2000年の導電性ポリマーに関する研究に対して白川英樹博士らがノーベル化学賞を受賞したことを契機に多くの導電性ポリマーが開発されたが、導線分子だけを使うと、これらが接触もしくは束を作るために、導線間の電子の移動が起こることで、導線分子1本が持つ本来の性能を発揮できないことが問題視されていた。この問題を解決するために、1本、1本の導線分子を絶縁分子で被覆する試みが行われてきたが、ナノメートルサイズの導線分子1本を被覆することが難しい上に、ほとんどの場合、完全に被覆されていないために、導線分子1本の特性を発現できないという実情にあった。寺尾氏はシクロデキストリンと呼ばれるブドウ糖が環状につながった絶縁分子に導電性ポリマーのモノマーを貫入し、ロタキサンと呼ばれる幾何構造を形成した後にこれを重合することで極めて被覆効率の高い分子電線の開発に成功した。これにより、初めて導線分子1本の特性を生かした研究が可能になった。これらの研究はNature Communicationをはじめとする国際誌に発表され、その業績に対して文部科学大臣表彰若手科学者賞、メルク万有レクチャーシップアワードを受賞している。教育面については、これまで大阪大学、京都大学で学部および大学院における教育に従事し、寺尾氏の指導を受けた多くの学生が学会で受賞するなど熱心な指導に定評がある。以上の理由から、研究および教育両面において寺尾潤氏が広域科学専攻、相関基礎科学系の教授として最適任であると判断された。

 

新任教師一覧へ戻る

教員紹介・検索