HOME総合情報研究組織教員紹介・検索新任教員紹介

最終更新日:2014.04.21

新任教員紹介

シェファーソン リチャード(シェファーソン リチャード)

所属 専攻国際環境学教育機構
学科学際科学科
部会PEAK前期部会
職名 准教授
発令年月日 2016年6月16日

 

略歴 ■最終学歴
カリフォルニア大学バークレー校 統合生物学部
■学位
2004年5月 Ph.D.
■前任職
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻広域システム科学系 准教授

 

担当科目 ■前期課程
生態学の基礎,進化学,統計学,生命科学
■後期課程
統計学,生態系と生物多様性,論文作成技法,環境科学実験Ⅲ,環境学フィールド実習Ⅱ
■大学院
環境計測・評価論VII

 

研究活動 ■研究分野
生態学(進化生態学、植物生態学)
■研究業績
  1. Kartzinel, T.R., R.P. Shefferson, and D.W. Trapnell. 2013. Relative importance of pollen and seed dispersal across a Neotropical mountain landscape for an epiphytic orchid. Molecular Ecology 22:6048-6059.
  2. Kartzinel, T.R., D.W. Trapnell, and R.P. Shefferson. 2013. Critical importance of large native trees for conservation of a rare Neotropical epiphyte. Journal of Ecology 101:1429-1438.
  3. Shefferson, R.P. and D.A. Roach. 2013. Longitudinal analysis in Plantago: strength of selection and reverse age analysis reveal age-indeterminate senescence. Journal of Ecology 101:577-584.
  4. Shefferson, R.P. and D.A. Roach. 2012. The triple helix of Plantago lanceolata: genetics and the environment interact to determine population dynamics. Ecology 93:793-802.
  5. Shefferson, R.P., M.K. McCormick, D.F. Whigham, and J.P. O’Neill. 2011. Life history strategy in herbaceous perennials: inferring demographic patterns from aboveground dynamics of a primarily subterranean, myco-heterotrophic orchid. Oikos 120:1291-1300.
  6. Shefferson, R.P., C.C. Cowden, M.K. McCormick, T. Yukawa, Y. Ogura-Tsujita, and T. Hashimoto. 2010. Evolution of host breadth in broad interactions: mycorrhizal specificity in East Asian and North American rattlesnake plantains (Goodyera spp.) and their f
  7. Yukawa, T., Y. Ogura-Tsujita, R.P. Shefferson, and J. Yokoyama. 2009. Mycorrhizal diversity in Apostasia (Orchidaceae) indicates the origin and evolution of the orchid mycorrhiza. American Journal of Botany 96: 1997-2009.
  8. Shefferson, R.P., T. Kull, and K. Tali. 2008. Mycorrhizal interactions of orchids colonizing Estonian mine tailings hills. American Journal of Botany 95:156-164.
  9. Shefferson, R.P., D.L. Taylor, M. Weiß, S. Garnica, M.K. McCormick, S. Adams, H.M. Gray, J.W. McFarland, T. Kull, K. Tali, T. Yukawa, T. Kawahara, K. Miyoshi, and Y.-I. Lee. 2007. The evolutionary history of mycorrhizal specificity among lady’s slipper or
  10. Simms, E.L., D.L. Taylor, J. Povich, R.P. Shefferson, M. Urbina, and Y. Tauszick. 2006. An empirical test of partner choice mechanisms in a legume-rhizobium interaction. Proceedings of the Royal Society of London Series B, Biological Sciences 273:77-81.
■学外での活動
J. Plant Ecol.(英国生態学会) Associate Editor

 

採用理由 Richard P. Shefferson氏は、カリフォルニア大学バークレー校でPhDを取得したのち、学振の外国人特別研究員で3年間日本に滞在しています。その後、米国に戻り、ジョージア大学のAssistant Professorを務めた後、本学に公募で採用され准教授(任期付)を2年2か月余務めてきました。

Shefferson氏の専門分野は植物の生態学および進化生態学です。この分野の一流国際誌に原著論文・査読付き総説を 33 報発表しており、そのうち 23報が第 1 著者です。専門書を1冊編集、本の章も3件発表しています。発表している学術誌は J. Ecology, Ecology, Evolution, Molecular Evolution, Proc. R. Soc. Ser. B など、生態・進化・分子系統分野では国際的に一流と言うべきジャーナルです。系統進化と進化生態学のテーマでは、ラン科植物と菌類との寄生・共生関係を分子系統解析することで、多くの成果を出しています。また、個体群動態については、多年草オオバコを対象に人口統計学的解析と進化ゲーム理論における進化的に安定な戦略を解析しています。こうした発表論文は被引用件数も多く、100件前後、あるいはそれ以上のものもあります。植物生態学のトップジャーナルの一つである英国Journal of Ecology の Associate Editor の一人でもあり、まさに国際的に名の通った研究者です。

この2年間本学での教育において、氏は多くの講義を日英両方で担当しています。英語コース(PEAK)の講義としてはEcology、Biodiversity and Ecosystem、Scientific Writing and Presentation Skills、Statisticsなど、さらに学生実験としてExperiments in Environmental Sciences III なども分担しています。生物部会の前期課程科目である「生態学」「進化学」は日本語で担当しています。このように教育面での貢献も大きいと評価されます。

氏は誠実な人柄で、学内行政、各種委員会などを積極的に引き受け、同僚から熱い信頼を得ています。日本語の読み書きも大変堪能です。

以上から、国際環境学コースの教育研究を担うのにこれ以上最適な人物はいないと言えます。

 

新任教師一覧へ戻る

教員紹介・検索