HOME総合情報研究組織教員紹介・検索新任教員紹介

最終更新日:2016.12.07

新任教員紹介

新井 宗仁(アライ ムネヒト)

所属 専攻生命環境科学系
学科統合自然科学科
部会物理
職名 教授
発令年月日 2017年9月 1日

 

略歴 ■最終学歴
東京大学大学院・理学系研究科
■学位
2000年9月 博士(理学) (東京大学)
■前任職
東京大学総合文化研究科 准教授

 

担当科目 ■前期課程
力学B、生物物理学
■後期課程
生物物理学I
■大学院
生体構造ダイナミクス論I

 

研究活動 ■研究分野
生物物理学
■研究業績
  1. “Comparison of aldehyde-producing activities of cyanobacterial acyl-(acyl carrier protein) reductases”, Kudo, H., Nawa, R., Hayashi, Y., & Arai, M., Biotechnology for Biofuels (2016) 9: 234.
  2. “Mapping the interactions of adenoviral E1A proteins with the p160 nuclear receptor coactivator binding domain of CBP”, Haberz, P., Arai, M., Martinez-Yamout, M.A., Dyson, H.J., & Wright, P.E., Protein Sci. (2016) 25(12): 2256-2267.
  3. “Conformational propensities of intrinsically disordered proteins influence the mechanism of binding and folding”, Arai, M., Sugase, K., Dyson, H.J., & Wright, P.E., Proc. Natl. Acad. Sci. USA (2015) 112(31): 9614-9619.
  4. “Complexity of the folding transition of the B domain of protein A revealed by the high-speed tracking of single-molecule fluorescence time series”, Oikawa, H., Kamagata, K., Arai, M., & Takahashi, S., J. Phys. Chem. B (2015) 119(20), 6081-6091.
  5. “Role of cysteine residues in the structure, stability, and alkane producing activity of cyanobacterial aldehyde deformylating oxygenase”, Hayashi, Y., Yasugi, F., & Arai, M., PLoS ONE (2015) 10(4): e0122217.
  6. “Flexible and rigid structures in HIV-1 p17 matrix protein monitored by relaxation and amide proton exchange with NMR”, Ohori, Y., Okazaki, H., Watanabe, S., Tochio, N., Arai, M., Kigawa, T., & Nishimura, C., Biochim. Biophys. Acta (2014) 1844(3): 520-526
  7. “Microsecond dynamics of an unfolded protein by a line confocal tracking of single molecule fluorescence”, Oikawa, H., Suzuki, Y., Saito, M., Kamagata, K., Arai, M., & Takahashi, S., Scientific Reports (2013) 3: 2151.
  8. “Quantitative analysis of multisite protein ligand interactions by NMR: binding of intrinsically disordered p53 transactivation subdomains with the TAZ2 domain of CBP”, Arai, M., Ferreon, J.C., & Wright, P.E., J. Am. Chem. Soc. (2012) 134(8): 3792-3803.
  9. “Microsecond subdomain folding in dihydrofolate reductase”, Arai, M., Iwakura, M., Matthews, C.R., & Bilsel, O., J. Mol. Biol. (2011) 410(2): 329-342.
  10. “Graded enhancement of p53 binding to CREB-binding protein (CBP) by multisite phosphorylation”, Lee, C.W., Ferreon, J.C., Ferreon, A.C.M, Arai, M., & Wright, P.E., Proc. Natl. Acad. Sci. USA (2010) 107(45): 19290-19295.
■学内での活動
新井宗仁氏の専門分野は生物物理学です。これまでタンパク質を機軸にその設計原理にかかる基礎研究と産業や医療に役立つ応用研究を同時に推進してきました。とくにフォールディング機構の反応過程における中間体形成の業績が高く評価されています。このほかにも新しい解析法の開発や最速の結合反応の発見など基礎研究としての成果を積み上げる一方、着任直後の大震災を契機にバイオエネルギーの効率的生産に資する研究にも着手しました。一連の成果は、40を超える国際誌原著論文、総説、著書などの形で公表され、直近の2報はプレスレリースを通じて注目を集めています。

駒場着任以来、前期課程では物理学と生物物理学、後期課程と大学院では生物物理学関連の科目を担当する同氏は、わかりやすい丁寧な講義を展開することで知られています。卒業研究生および大学院生の研究指導・教育についても定評があり、学内外で表彰を受けた学生が複数にのぼるほか、例年、多くの学生が同氏の研究室を志望していることからも学部・大学院の吸引力として不可欠な存在です。

行政に関しては、学内の各種委員ほか昨年度には研究科長補佐をつとめています。温厚・誠実で周囲から信頼を集める同氏は、運営・管理業務に関するアイデアマンでもあり、駒場キャンパスの教育・研究環境の整備・拡充に少なからず貢献した事実は関係者の誰もがよく知るところです。

以上をもって新井宗仁氏が広域科学専攻生命環境科学系の教授として適任であるとの判断に至りました。

 

新任教師一覧へ戻る

教員紹介・検索