HOME総合情報研究組織教員紹介・検索新任教員紹介

最終更新日:2016.12.07

新任教員紹介

佐藤 健(サトウ ケン)

所属 専攻広域科学専攻・生命環境科学系
学科統合自然科学科
部会化学
職名 教授
発令年月日 2017年7月16日

 

略歴 ■最終学歴
東京工業大学・大学院生命理工学研究科
■学位
1997年3月 博士(理学)
■前任職
東京大学大学院総合文化研究科 准教授

 

担当科目 ■前期課程
化学熱力学、化学平衡と反応速度
■後期課程
超分子生体システム論
■大学院
生体高次機能論

 

研究活動 ■研究分野
分子細胞生物学
■研究業績
  1. "Distribution of Sec24 isoforms to each ER exit site is dynamically regulated in Saccharomyces cerevisiae" Iwasaki, H., Yorimitsu, T., Sato, K., FEBS Lett. 589: 1234-1239, (2015)
  2. "Sec23 homolog Nel1 is a novel GTPase-activating protein for Sar1 but does not function as a subunit of the COPII coat" Kodera, C., Yorimitsu, T., Sato, K., J. Biol. Chem. 289: 21423-21432, (2014)
  3. "COPII machinery cooperates with ER-localized Hsp40 to sequester misfolded membrane proteins into ER-associated compartments" Kakoi, S., Yorimitsu, T., Sato, K., Mol. Biol. Cell 24: 633-642, (2013
  4. "Insight into structural and regulatory roles of Sec16 in COPII vesicle formation at ER exit sites" Yorimitsu, T., Sato, K., Mol. Biol. Cell 23: 2930-2942, (2012)
  5. "Involvement of the penta-EF-hand protein Pef1p in the Ca2+-dependent regulation of COPII subunit assembly in Saccharomyces cerevisiae" Yoshibori, M., Yorimitsu, T., Sato, K., PLoS ONE 7: e40765, (2012)
  6. "Sed4p stimulates Sar1p GTP hydrolysis and promotes limited coat disassembly" Kodera, C., Yorimitsu, T., Nakano, A., Sato, K., Traffic. 12: 591-599, (2011)
  7. "Visualization of cargo concentration by COPII minimal machinery in a planar lipid membrane" Tabata, K.V., Sato, K., Ide, T., Nishizaka, T., Nakano, A., Noji, H., EMBO J. 28: 3279-3289, (2009)
  8. "Dissection of COPII subunit-cargo assembly and disassembly kinetics during Sar1p-GTP hydrolysis" Sato, K. and Nakano, A., Nature Struct.&Mol.Biol. 12: 167-174, (2005)
  9. "Emp47p and its close homologue Emp46p have a tyrosine-containing ER exit signal and function in glycoprotein secretion in Saccharomyces cerevisiae" Sato, K. and Nakano, A., Mol. Biol. Cell 13: 2518-2532, (2002)
  10. "Functional reconstitution of Ypt7p GTPase and a purified vacuole SNARE complex" Sato, K. and Wickner, W., Science 396: 700-702, (1998)
■学内での活動
生体機能分科主任、統合生命科学コース主任、系教務委員長、統合自然科学科教務委員長、環境委員、広報委員、年報委員、財務委員、TA委員、入試委員、学生委員など

 

採用理由 佐藤健氏は、これまで一貫して生体膜を反応場とした生命現象についての分子機構の研究を行ってきている。とくに、細胞内の小胞輸送と呼ばれる現象について、この反応を試験管内あるいは顕微鏡下で再現する独自の実験系を構築し、これを用いた小胞輸送反応の分子メカニズムの解明において優れた成果を挙げてきた。それらの業績に対して日本生化学会奨励賞を受賞するなど、国内外で高く評価されている。

教育面では、前期課程の「化学熱力学」、「化学平衡と反応速度」を長く担当しており、その丁寧な指導には定評があり、学生による授業評価も高い。また、後期課程においては、専門とする生体膜を講ずるだけでなく、生体エネルギー学、生物物理学などについても扱うなど幅広い教育活動を行っている。さらに、大学院生指導においても、指導学生が学会賞を受賞するなど熱心な指導に定評がある。

行政面では、専攻、学科内の各種委員のほか、系教務委員長、学科教務委員長、統合生命科学コース主任などを歴任されて、各種問題に対して適切に対処されてきた。

以上の理由から、研究および教育の両面において佐藤健氏が広域科学専攻、生命環境科学系の教授として適任であると判断された。

 

新任教師一覧へ戻る

教員紹介・検索