HOME総合情報研究組織教員紹介・検索新任教員紹介

最終更新日:2016.12.07

新任教員紹介

フェルジャニ アリ(フェルジャニ アリ)

所属 専攻広域科学専攻・生命環境科学系
学科統合自然科学科
部会生物部会
職名 准教授
発令年月日 2019年4月 1日

 

略歴 ■最終学歴
総合研究大学院大学・生命科学研究科
■学位
2003年3月 Ph.D
■前任職
東京学芸大学大学院教育学研究科 准教授

 

担当科目 ■前期課程
現代生命科学Ⅱ、自然科学ゼミナール、統合自然科学セミナー、生命科学研究法
■後期課程
光合成進化学、統合生命科学特論Ⅱ、統合生命科学実験Ⅱ、統合生命科学セミナーⅡ
■大学院
生命環境科学特殊研究、生命環境科学演習

 

研究活動 ■研究分野
植物生理学・分子発生遺伝学
■研究業績
  1. Asaoka, M. et al. (2019) Plant Cell Physiol. 2019 Jan 15. doi: 10.1093/pcp/pcz002.
  2. Ferjani, A. et al. (2018) Sci. Rep. 8:14696.
  3. Segami, S. et al. 2018) The Plant Cell 30:1040-1061.
  4. Takahashi, K. et al. (2017) Plant Cell Physiol. 58(4):668-678.
  5. Ferjani, A. et al. (2015) Plant Signal. Behav. 10(3):e992755
  6. Maeda, S. et al. (2014) Plant Cell Physiol. 55:1994-2007.
  7. Ferjani, A. et al. (2013) Plant Cell Physiol. 54:1989-1998.
  8. Ferjani, A. et al. (2012) Plant Signal. Behav. 7:38-42.
  9. Ferjani, A. et al. (2011) The Plant Cell 23:2895-2908.
  10. Ferjani, A. et al. (2007) Plant Physiol. 144:988-999
■その他
日本植物形態学会 奨励賞 (2009)、日本植物形態学会 平瀬賞 (2013)

 

採用理由

Ferjani Ali氏の専門は植物分子遺伝学や植物生理学で、植物の葉のサイズ制御機構に関する研究です。植物の葉は、茎の先端にある茎頂分裂組織の周辺部に生じる葉原基から形成される。この葉の形成は、それを構成する細胞の数とサイズの頑健な制御下にあり、葉の細胞の数が減少すると、1個1個の細胞を肥大させて葉のサイズ自体が変化しないように制御されている。この現象は、補償作用と呼ばれる。Ferjani氏は、補償作用によって葉の細胞が肥大するシロイヌナズナの突然変異体(fugu変異体、細胞が肥大してふぐのように膨らんでいることから命名)を多数分離し、それらの変異体を用いて葉のサイズ制御機構を解析している。これまでに、fugu変異体の1つであるfugu5の原因遺伝子が、液胞膜に存在するプロトンポンプの1つであるPPi分解酵素遺伝子であることを明らかにした。このポンプが機能しないと、細胞質中のPPiの濃度が高くなり、それによってUDP-Glucose Pyrophosphorylaseの活性が阻害され、それによってショ糖の濃度が減少することで細胞の肥大が引き起こされることを発見した。これらの成果は、植物分野のトップジャーナルであるPlant Cell誌に掲載され、高く評価されている。Ferjani氏は、さらにfugu5における細胞肥大のメカニズムを詳細に解析するとともに、花茎の成長を支える細胞分裂と細胞伸長のバランスの制御機構の研究も展開している。現在までに多数の原著論文を発表している。教育面では、東京学芸大学において、基礎生物学や植物生理学をはじめとする多くの授業を担当、卒業研究、大学院生の教育や研究指導においても大きく貢献し、十分な教育実績を有している。


以上のように、Ferjani Ali氏は研究業績においても、教育においても十分な業績と実績を有しており、本学の准教授に相応しい人物であると判断される。

 

新任教師一覧へ戻る

教員紹介・検索