HOME総合情報研究組織教員紹介・検索新任教員紹介

最終更新日:2016.12.07

新任教員紹介

加藤 英明(カトウ ヒデアキ)

所属 専攻広域科学専攻・生命環境科学系
学科教養学科
部会先進科学
職名 准教授
発令年月日 2019年4月 1日

 

略歴 ■最終学歴
東京大学大学院・理学系研究科
■学位
2014年3月 Ph.D
■前任職
Stanford University, School of Science, Department of Molecular and Cellular Physiology, Postdoctoral fellow

 

担当科目 ■前期課程
アドバンスト理科
■後期課程
統合生命科学概論、統合生命科学実験II
■大学院
生命環境科学演習 I 、生命環境科学演習 I

 

研究活動 ■研究分野
構造生物化学
■研究業績
  1. Kato, H.E., Zhang, F., Yizhar, O., Ramakrishnan, C., Nishizawa, T., Hirata, K., Ito, J., Aita, Y., Tsukazaki, T., Hayashi, S., Hegemann, P., Maturana, A.D., Ishitani, R., Deisseroth, K., Nureki, O. Crystal structure of the channelrhodopsin light-gated cat
  2. Doki, S.,* Kato, H.E.,* Solcan, N.,* Iwaki, M., Koyama, M., Iwase, N., Tsukazaki, T., Sugita, Y., Kandori, H., Newstead, S., Ishitani, R., Nureki, O. Structural basis for dynamic mechanism of proton-coupled symport by the peptide transporter POT. Proc. Na
  3. Kato, H.E., Inoue, K., Abe-Yoshizumi, R., Kato, Y., Ono, H., Konno, M., Hososhima, S., Ishizuka, T., Hoque, M.R., Kunitomo, H., Ito, J., Yoshizawa, S., Yamashita, K., Takemoto, M., Nishizawa, T., Taniguchi, R., Kogure, K., Maturana, A.D., Iino, Y., Yawo,
  4. Kato, H.E.,* Kamiya, M.,* Sugo, S., Ito, J., Taniguchi, R., Orito, A., Hirata, K., Inutsuka, A., Yamanaka, A., Maturana, A.D., Ishitani, R., Sudo, Y., Hayashi, S., Nureki, O. Atomistic Design of Microbial Opsin-based Blue-Shifted Optogenetics Tools. Nat.
  5. Takemoto, M.,* Kato, H.E.,* Koyama, M.,* Ito, J., Kamiya, M., Hayashi, S., Maturana, A.D., Deisseroth, K., Ishitani, R., Nureki, O. Molecular Dynamics of Channelrhodopsin at the Early Stages of Channel Opening. PLoS One. 10(6):e0131094 (2015). (*equally c
  6. Huang, W., Manglik, A., Venkatakrishnan, A.J., Laeremans, T., Feinberg, E.N., Sanborn, A.L., Kato, H.E., Livingston, K.E., Thorsen, T.S., Kling, R.C., Granier, S., Gmeiner, P., Husbands, S.M., Traynor, J.R., Weis, W.I., Steyaert, J., Dror, R.O., Kobilka B
  7. Kato, H.E.,† Inoue, K., Kandori, H., Nureki, O.† The light-driven sodium ion pump: A new player in rhodopsin research. Bioessays 38, 1274-1282 (2016). (†co-corresponding authors.)
  8. Kim, Y.S.,* Kato, H.E.,*† Yamashita, K., Ito, S., Inoue, K., Ramakrishnan, C., Fenno, L.E., Evans, K.E., Paggi, J.M., Dror, R.O., Kandori, H., Kobilka, B.K., Deisseroth K.† Crystal structure of a natural anion-conducting channelrhodopsin GtACR1. Nature. 5
  9. Kato, H.E.,*† Kim Y.S.,* Paggi, J.M., Evans, K.E., Allen, W.E., Richardson, C., Inoue, K., Ito, S., Ramakrishnan, C., Fenno, L.E., Yamashita, K., Hilger, D., Lee, S.Y., Berndt, A., Shen, K., Kandori, K., Dror, R.O., Kobilka, B.K., Deisseroth, K.†Structura
  10. Krishna Kumar, K., Shalev-Benami, M., Robertson, M.J., Hu, H., Banister, S.D., Hollingsworth, S.A., Latorraca, N.R., Kato, H.E., Hilger, D., Maeda, S., Weis, W.I., Farrens, D.L., Dror, R.O., Malhotra, S.V., Kobilka, B.K., Skiniotis, G. Structure of a Sign
■その他
理学部学生選抜国際派遣プログラム理学部長賞 (2008)、日本蛋白質科学会若手奨励賞優秀賞 (2012)、Merck Award for Young Biochemistry Researcher 優秀賞 (2012)、日本学術振興会 育志賞 (2012)、東京大学理学系研究科奨励賞 (2014)、東京大学総長賞 (2014)、日本生物物理学会若手奨励賞 (2015)、SPRUC2016 Young Scientist Award (2016)、井上研究奨励賞 (2016)

 

採用理由 加藤氏の専門は構造生物学で、膜タンパク質の立体構造を明らかにしてその分子機構を解明する研究を行っている。加藤氏は、神経シグナルのスイッチを人工的に制御する「オプトジェネティクス」の中核となる光駆動性イオン輸送体の分子機構を世界に先駆けて明らかにした。さらに、得られた構造情報に基づき、変異を導入してデザインした膜タンパク質を作り出し、光により神経細胞の活動を可逆的に制御するツールを開発した。今後、記憶や認知など高次の神経活動に関わる生命現象の本質的な理解と、関連する疾患の治療法の開発において、加藤氏が大きく貢献することが期待される。加藤氏は32歳という年齢でありながら、既に24報の論文を発表し(この数は、構造生物学の分野では例外的に多い)、筆頭著者として9報、そのうちの4報はNature誌のArticleとして出版されており、研究内容が世界のトップレベルであることは明らかである。さらにそのうちの2報は責任著者でもあり、若手とはいえ、研究を主導していく十分な力量を備えている。国内外の共同研究者からの評価や、学会における評価も最高ランクのものであり、研究費の獲得実績や受賞歴も多く、加藤氏は若手研究者として世界のトップランナーであることに間違いない。加藤氏は新たな技術開発にも意欲的であり、東京大学の学生との相互作用により研究・教育の効果を高めていくという任務にふさわしい適格な人材である。

 

新任教師一覧へ戻る

教員紹介・検索