超域文化研究専攻 平成26年度学位授与者

| 博士論文の紹介トップ  | 言語情報科学専攻  | 超域文化科学専攻  | 地域文化研究専攻  | 国際社会科学専攻 |
| 広域科学専攻生命環境科学系  | 広域科学専攻広域システム科学系  | 広域科学専攻相関基礎科学系  | 「人間の安全保障」プログラム  | 論文博士 |

○主査

学位記番号 学位授与
年月日
論文提出者氏名 論文題目 審査委員
博総合第1320号 H26.7.24 田 中 有 美 アメリカ及び日本現代小説における非ロマン主義的『ドン・キホーテ』受容に関する比較考察

○教 授
講 師
教 授
准教授
名誉教授

菅 原 克 也
徳 盛   誠 
斎 藤 文 子
諏訪部 浩 一
ソーントン 不破直子
超域文化科学
超域文化科学
地域文化研究
人文社会系研究科
日本女子大学
博総合第1328号 H26.9.25 小 澤 京 子 ユートピア都市の書法――クロード゠ニコラ・ルドゥの建築思想

○教 授
教 授
准教授
名誉教授
教 授

田 中   純
三 浦      篤
桑 田 光 平
松 浦 寿 輝
白 井 秀 和

超域文化科学
超域文化科学
超域文化科学
東京大学
福井大学

博総合第1329号 H26.9.25 星 野  太 修辞学的崇高の系譜学――ロンギノスから現代へ

○教 授
特任教授
教 授
教 授
准教授

中 島 隆 博
小 林 康 夫
高 田 康 成
岡 田 温 司
宮 﨑 裕 助

超域文化科学
青山学院大学
超域文化科学
京都大学
新潟大学

博総合第1334号 H26.10.23 佐 藤   温 幕末の社会変革と文芸
―菊池・大橋家の文人たちの歩みを追って―

○教 授
教 授
教 授
教 授
教 授

ロバート・キャンベル
齋 藤 希 史 
桜 井 英 治
黒 住   真
若 尾 政 希
超域文化科学
超域文化科学
超域文化科学
地域文化研究
一橋大学
博総合第1335号 H26.10.23 李   芙 鏞

『源氏物語』における教育―父と子の関係を中心に―
Education in The Tale of Genji : focusing on the father-child relationship

○准教授
教 授
教 授
教 授
教 授

田 村   隆
桜 井 英 治
品 田 悦 一
藤 原 克 己
三 角 洋 一
超域文化科学
超域文化科学
言語情報科学
人文社会系研究科
大正大学
博総合第1339号 H26.11.26 任   ダハム 韓国映画史における映画都市 〈京城〉 の意味
――1910~30年代の在朝鮮日本人と朝鮮人映画人の活動を中心に

○教 授
講 師
准教授
教 授
准教授

今 橋 映 子
徳 盛   誠 
三ツ井   崇
井 上   健
波 潟   剛
超域文化科学
超域文化科学
言語情報科学
日本大学
九州大学
博総合第1346号 H26.12.24 里 見 龍 樹 ソロモン諸島マライタ島北部のアシ/ラウにおける「海に住まうこと」の現在:
別様でありうる生の民族誌

○教 授
教 授
教 授
教 授
教 授

箭 内   匡
名 和 克 郎
森 山   工
春 日 直 樹
宮 内 泰 介
超域文化科学
超域文化科学
地域文化研究
一橋大学
北海道大学

博総合第1347号

H26.12.24 柴 田 真希都

明治知識人としての内村鑑三―その批判精神と普遍主義の展開

○教 授
教 授
講 師
教 授
教 授

菅 原 克 也
川中子 義 勝
徳 盛   誠 
黒 住   真
千 葉   眞
超域文化科学
超域文化科学
超域文化科学
地域文化研究
国際基督教大学

博総合第1350号

H27.2.27 安 藤 智 子

芸術家アルフォンス・ルグロの静かな闘い
―19世紀英仏芸術運動における「レアリスム」の行方

○教 授
教 授
准教授
教 授
教 授

三 浦      篤
今 橋 映 子
佐 藤   光
石 井 洋二郎
喜多崎   親

超域文化科学
超域文化科学
超域文化科学
地域文化研究
成城大学

博総合第1357号

H27.3.24 鈴 木   舞

法・犯罪・科学
―ニュージーランドにおける法科学ラボラトリーの民族誌

教 授
教 授
准教授
教 授
上級准教授

福 島 真 人 
木 村 忠 正
津 田 浩 司
橋 本 毅 彦
山 口 富 子
超域文化科学
超域文化科学
超域文化科学
相関基礎科学系
国際基督教大学

| 博士論文の紹介トップ  | 言語情報科学専攻  | 超域文化科学専攻  | 地域文化研究専攻  | 国際社会科学専攻 |
| 広域科学専攻生命環境科学系  | 広域科学専攻広域システム科学系  | 広域科学専攻相関基礎科学系  | 「人間の安全保障」プログラム  | 論文博士 |