HOME総合情報教育プログラム教養学部 前期課程TLP

トライリンガル・プログラム(TLP)について

東京大学トライリンガル・プログラム(TLP)は、「グローバルリーダー育成プログラム」(GLP)の一環として、2013年度に教養学部に発足しました。グローバル化が急速に進んだ現代の世界において、国際的に活躍する人材には高度な英語力はもとより、それに加えて少なくとももう一つの外国語の運用能力が求められることが多くなっています。TLPは、こうした人材を育成するために、プログラムの履修を希望し、なおかつ入学時に一定レベルの英語力を有すると認められる学生(上位一割程度)を対象とするもので、日本語と英語に加え、もう一つの外国語の運用能力を集中的に鍛えるために設けられた教育プログラムです。履修期間は前期課程在学中の1年半で、修了要件を満たした履修生には、修了証が授与されます。また、教養学部後期課程には、2019年度時点において、中国語TLP(日英中)修了もしくは同程度の語学力を有する学生を対象に、「東アジア発のリベラルアーツ」形成を旨とする学融合プログラム「東アジア教養学」プログラムが用意されています。

TLPは、当初は中国語のみの展開でしたが、2016年度からドイツ語、フランス語、ロシア語、2018年度から韓国朝鮮語、2019年度からはスペイン語でも展開されることになりました。

取得すべき単位数他、詳しくは、TLPウェブサイトをご覧下さい。

総合情報