HOME総合情報研究組織教員紹介・検索新任教員紹介

最終更新日:2020.04.03

新任教員紹介

松本 和子(マツモト カズコ)

所属 専攻言語情報科学専攻
学科教養学科
部会英語
職名 教授
発令年月日 2021年4月 1日

 

略歴 ■最終学歴
英国エセックス大学大学院言語学研究科
■学位
2001年4月 Ph.D
■前任職
東京大学総合文化研究科 准教授

 

担当科目 ■前期課程
英語1列、中級英語
■後期課程
言語の変異・変化
■大学院
異文化コミュニケーション論

 

研究活動 ■研究分野
言語学(社会言語学)
■研究業績
  1. A restudy of postcolonial Palau after two decades: Changing views of multilingualism in the Pacific. In Berg, Marinus van den (ed.) Developments in Diglossic Settings in the Asian Pacific Region, Special issue (the 30th anniversary of publication) of the
  2. Nativisation in adolescent Palauan English: A discourse-pragmatic perspective. In Y. Asahi (ed.), Proceedings of Methods XVI: Papers from the Sixteenth International Conference on Methods in Dialectology, 2017 (Bamberg Studies in English Linguistics 59).
  3. 「在日ブラジル人移民のコイネー形成―方言接触,創始者効果,フィーチャープールの検証―」『社会言語科学』22(1), 2019, pp. 249–262.(奥村晶子と共著)
  4. Language variation and change. In Patrick Heinrich and Yumiko Ohara (eds.), Routledge Handbook of Japanese Sociolinguistics (Routledge Handbooks in Linguistics). London: Routledge, 2019, pp. 199–217.
  5. Pancakes stuffed with sweet bean paste: Food-related lexical borrowings as indicators of the intensity of language contact in the Pacific. In G. Balirano and S. Guzzo (eds.), Food across Cultures: Linguistic Insights in Transcultural Tastes. London: Palgr
  6. The role of domain and face-to-face contact in borrowing: The case from the postcolonial multilingual island of Palau. In Daniel Schmidt-Brücken, Susanne Schuster and Marina Wienberg (eds.). Aspects of Postcolonial Linguistics (Colonial and Postcolonial L
  7. Palauan English. In Jeffrey P. Williams, Edgar W. Schneider, Peter Trudgill and Daniel Schreier (eds.). Further Lesser-Known Varieties of English (Studies in English Language). Cambridge: Cambridge University Press, 2015, pp. 305-343.(David Britainと共著)
  8. 「パラオ日本語の語用論的変異と変化」岡村徹・ヤラペアアポイ(編) 『オセ アニアの言語的世界』 渓水社, 2013, pp. 220-262.
  9. The role of social networks in the postcolonial multilingual island of Palau: Mechanisms of language maintenance and shift. Multilingua: 29(2), 2010, pp. 133-165.
  10. Language, communities, networks and practices. In Martin J. Ball (ed.). Clinical Sociolinguistics (Language in Society Series 36). Oxford: Blackwell, 2005, pp. 3-14.(David Britainと共著)
■学内での活動
英語1運営班チーフ、英語部会人事委員、専攻教務委員、学生委員、学部報委員、ハラスメント委員、その他部会・学科・専攻の各種委員
■その他
英国エセックス大学(1995-2001 留学)、英国ロンドン大学クィーン・メアリー校(2006-07 客員准教授)、スイスベルン大学社会言語学研究所(2019~現在 研究員)

 

採用理由 松本和子氏の専門は変異理論を用いた社会言語学であり、より具体的には、一世紀に渡り複数の国によって植民地とされ、90年代に独立を果たしたパラオ共和国における言語政策や多言語使用の歴史的変遷、高齢層の話す日本語変種の形成と消滅のプロセス等を研究している。駒場に着任して以降、共著9冊、論文26本、国際学会の基調講演7回、招聘講義12回、学会発表48回があり、活発な研究活動を展開し、国際的な研究発信能力を備え、海外の学者との共同研究も多い。2010年には国際ジャーナルMultilinguaに掲載された論文で「日本オセアニア学会賞」を受賞。個別実証研究ばかりではなく、Matsumoto (2019) “Language variation and change" の ように、学界で広く入門書として通用しているRoutledge Handbookにも寄稿 し、斯界の専門家 として広 く認知 されている。

教育面に関しては、前期課程で「教養英語」の運営班を務め、後期課程では学際言語科学コースの教員として「言語と社会」、「言語と変異」等の授業を担当し、大学院では社会言語学の授業を教え、氏の丁寧かつ適切な研究指導に刺激されて大学院進学を志す学生も多く、若手育成という点からも大きな貢献している。

行政面に関しては、英語部会で英語1運営班チーフ、人事委員などを務め、専攻では教務委員・学生委員などさまざまな学内委員を歴任してきた。
以上のように、松本氏は研究業績においても、教育・行政においても最適任であり、本学の教授にふさわしい人物であると判断される。

 

新任教師一覧へ戻る

教員紹介・検索