HOME総合情報教育プログラム教養学部 後期課程2012年度進学者まで適用カリキュラム

最終更新日:2013.05.27

後期課程カリキュラム(2012年度進学者まで適用)

東京大学教養学部長・大学院総合文化研究科長(2011年2月16日~2013年2月15日)
長谷川 壽一 はせがわ としかず
HASEGAWA Toshikazu

img_2011.jpg 教養学部後期課程は1951年の創立以来、伝統的な学問分野を横断した研究や新たな学問分野を切り開く学際的な姿勢と、国際的な視野を重視する姿勢を一貫してとってきました。国際関係論や文化人類学などの学問は、日本の大学の中では東京大学教養学部で最初に育ってきたのです。また、理系の新しい学問分野が多くこのキャンパスで生まれ、世界的拠点に育ってきました。たとえば「複雑系の科学」がその例の一つです。このような研究環境で育った学生は、官公庁、教育・研究機関、企業、ジャーナリズムなど様々な分野で活躍しています。

 もう一つの特色は国際性でしょう。現在、駒場キャンパスでは、50カ国から約400人の外国人留学生が学んでいますが、このうち、教養学部後期課程では、17カ国26大学との間で1年間の交換留学制度AIKOM (Abroad In KOMaba)を設け、単位互換を前提に毎年25名余りの交換留学を実施しています。

 教養学部では、創立以来育んできた学際的で領域横断的な分野に関心をもって進学してくる学生を期待しています。

 

学科

後期課程は以下の6学科22分科の体制をとっています。 後期課程全体に関する詳しい情報や連絡先は後期課程パンフレット「越境する知性」を見てください。
 

超域文化科学科

文化人類学表象文化論比較日本文化論言語情報科学
 

地域文化研究学科

アメリカ地域文化研究、イギリス地域文化研究フランス地域文化研究ドイツ地域文化研究、 ロシア・東欧地域文化研究、アジア地域文化研究、ラテンアメリカ地域文化研究(履修コース: ヨーロッパ地域文化研究コース、ユーラシア地域文化研究コース、韓国朝鮮地域文化研究コース)
 

総合社会科学科

相関社会科学国際関係論
 

基礎科学科

数理科学、物性科学、分子科学、生体機能、科学史・科学哲学
 

広域科学科

人文地理広域システム
 

生命・認知科学科

認知行動科学、基礎生命科学

総合情報