HOME後期課程(3・4年生)各種手続き休学手続き

最終更新日:2012.03.28

UTASへはこちらからログインしてください。

休学手続き

※届出に際しては,添付書類や授業料の納付状況等を確認する必要がありますので, 必ず事前に後期課程窓口で相談のうえ,休学願の書式を受け取ってください。

line01.gif

病気,海外での修学や経済的理由などにより2ヶ月以上の休学を必要とする学生は,事前の承認が必要となりますので,休学する2ヶ月前までに必ず後期課程係窓口で手続きを行ってください。
手続きがされない場合は,当該学期の授業料が発生しますので注意してください。
なお,手続きを行う際は,教養学部便覧Ⅱ(後期課程)の以下の項に記載されている休学理由及び期間等を参照してください。

  • Ⅰ共通関係 5.学部通則第19条~第21条
  • Ⅰ共通関係 8.学生の休学の基準
  • Ⅰ共通関係 9.学生の休学の基準に関する要介護者及び社会に貢献する活動の範囲について


日本学生支援機構奨学金受給者は,機構所定の「異動願(届)」の提出が別途必要となります。
  参考:日本学生支援機構HP >> 奨学金 >> 貸与中の異動(休止)について
奨学金受給手続きに関しては,学生支援課が担当となっていますので,詳細は学生支援課窓口にて相談してください。

また,上記以外(民間財団等)の奨学金等の受給者は,当該財団等に確認の上,所定の手続きを行ってください。