HOME学生生活支援施設の利用について駒場コミュニケーション・プラザ

最終更新日:2014.07.18

駒場コミュニケーション・プラザ

駒場コミュニケーション・プラザには学生の課外活動に使用できる教室と和室があります。以下に利用方法を案内します。
 

駒場コミュニケーション・プラザ北館

東京大学の学生は以下の施設を無料で利用することができます。

(1)施設概要

①音楽実習室

  • 音楽演奏を目的としたホールで,防音仕様になっています。
  • 音楽実習室(大ホール)と2 つの音楽実習小実習室,1 つの音楽準備室で構成されています。
  • ピアノが4 台設置されており,自由に利用できます。
     

②舞台芸術実習室

  • 演劇,ダンス等を目的としたホールで,防音仕様になっています。
  • 舞台芸術実習室(大ホール)と1 つの舞台芸術小実習室,2 つの舞台芸術準備室で構成されています。
  • ピアノが1 台設置されており,自由に利用できます。
     

③身体運動実習室

  • 身体運動を目的としたホールで,フローリングの部屋が2 室,畳の部屋が1 室あります。
  • 団体での利用者は付設のシャワールームが利用できます。
     

④多目的教室

  • 授業や研究会,サークルの会合に使用する教室です。
  • 可動式の机付き折り畳み椅子が48 席ある教室が3 つと,机付き椅子が96 席ある教室が1 つあります。
     

(2)利用方法

利用方法にはサークル・クラス等の団体利用と個人利用の2 つの方法があります。

①団体利用

  • 予め登録した団体(サークル・クラス)は,施設の事前予約が可能になります。
  • 団体を登録するためには,コミュニケーション・プラザ北館・和館事務室(以下「コミプラ事務室」という)で登録申請書を受け取り,必要事項の記入と教養学部教員の紹介印を捺印した上で,学生支援課に申請をして下さい。
  • 登録が完了した団体は,利用日の前月より,定められた方法で教室の予約ができます。予約方法は以下のサイトを参照して下さい。
    URL: http://www.com-pla.comicon_window.gif
    または,コミプラ事務室で「利用の手引き」を受け取って下さい。
  • 予約した団体には利用時にコミプラ事務室で教室の鍵をお貸しします。利用後は教室内を点検し,鍵をコミプラ事務室にお返し下さい。
  • 団体としての登録は,各年度ごとに必要になります。
     

②個人利用

  • 施設利用当日に身体運動実習室,音楽実習室,舞台芸術実習室に空室がある場合は,練習や実習のために個人に施設を貸し出しします。
  • 空き状況はhttp://www.com-pla.com で確認できます。
  • 利用を希望する方は学生証を持参の上,コミプラ事務室で手続きを行って下さい。
  • 各教室は練習,実習をする人が共同で利用することとし,個人で占有することはできません。

     

2.駒場コミュニケーション・プラザ和館

東京大学の学生は以下の施設を有料で利用することができます。

(1)施設概要

  • 飲食,宿泊が可能な畳敷きの課外活動施設です。
  • 16 畳の和室が6 部屋あります。和室1 ~ 4,和室5 ~ 6 は襖を開ければ,つなげて利用することが出来ます。
  • 施設維持費として1 部屋1 時限(1.5 時間)あたり750 円必要になります。宿泊の場合は1 室あたり3000 円必要です。
     

(2)利用方法

  • 予め登録した団体(サークル・クラス)のみ利用できます。個人での利用はできません。団体登録については北館と同様です。
  • 予約は利用日の1 ヶ月前からコミプラ事務室にて受付を行います。宿泊を希望する場合、利用の2週間前までに予約を行ってください。
  • 予約した団体には利用時にコミプラ事務室で教室の鍵をお貸しします。その際に施設維持費分の施設利用券(生協購買部カウンターで販売)を提出して下さい。
  • 退室時には部屋内の清掃を行った上で,鍵を返却して下さい。

     

利用にあたって

  • コミュニケーション・プラザにはみなさんが快適に利用するために,北館内飲食禁止などさまざまなルールがあります。詳しい利用の手引きはホームページ「コミプラ.com」(www.com-pla.comicon_window.gif)に掲載していますので,お読み下さい。また,コミプラ事務室でも配布しています。
     
関連リンク

駒場コミュニケーションプラザの概要はこちら

学生生活支援