HOME学生生活支援奨学金について日本学生支援機構の奨学金奨学生採用手続き

最終更新日:2016.08.04

奨学生採用手続き

平成28年度日本学生支援機構大学奨学生在学採用者のみなさんへ
奨学生採用手続きのお知らせ

対象者へは既に窓口で指示をしているところですが,以下のとおり手続き願います。
なお,期限までに手続きを完了しない場合採用が取り消され,既に入金されている奨学金も返還してもらうことになります。

対象者

大学入学後に申請をし,平成28年7月中に採用決定通知を受けた教養学部の学生
※ 既に予約採用の採用手続きを済ませた学生は対象外です。
ただし,予約採用の採用手続きを行っていても,今回新たに採用されている場合は,手続きが必要です。

提出書類

(1)保証制度について,「人的保証」を選択している奨学生

  1. 返還誓約書
  2. 連帯保証人の収入に関する証明書
    (源泉徴収票,市区町村役所発行の所得証明書,確定申告書の控え等。最新のもの。コピー可。)
  3. 連帯保証人の印鑑証明書(原本)
  4. 保証人の印鑑証明書(原本)
  5. 本人の住民票(原本)

(2)保証制度について,「機関保証」を選択している奨学生

  1. 返還誓約書
  2. 本人の住民票(原本)
  3. 保証依頼書

※ どちらの保証制度選択者も,第一種,第二種両方の採用者は,すべての書類が2部ずつ必要になります。
※ 返還誓約書に黒字で印字されている部分に訂正等がある場合,奨学生からの連絡を受け下記等の必要書類を指示します。

【様式25】返還誓約書記載事項変更届

手続期限

平成28年8月26日(金)
(書類に誤りのない状態での提出期限ですので,早めに手続き願います。)

手続場所

学生支援課奨学資金係(アドミニストレーション棟1階7番窓口)
※ 上記場所へ期限までに手続きに来られない場合は,至急下記の電話番号まで連絡してください。

奨学資金係電話番号:03-5454-6075,6076

line01.gif

平成26年度日本学生支援機構大学院奨学生在学採用者及び大学奨学生予約採用者(6月)のみなさんへ ―奨学生採用手続きのお知らせ―

対象者へは既に窓口で指示をしているところですが,以下のとおり手続き願います。
なお,期限までに手続きを完了しない場合,採用が取り消され,既に入金されている奨学金も返還してもらうことになります。

対象者

・大学院入学後に申請をし,平成26年6月中に採用決定通知を受けた総合文化研究科の学生
※ 既に予約採用の採用手続きを済ませた学生は対象外です。
ただし,予約採用の採用手続きを行っていても,今回新たに採用されている場合は,手続きが必要です。

・大学入学前に申請をし,平成26年6月に採用決定となり,同月から奨学金の振込を受けた教養学部の学生

提出書類

(1)保証制度について,「人的保証」を選択している奨学生

  1. 返還誓約書
  2. 連帯保証人の収入に関する証明書
    (源泉徴収票,市区町村役所発行の所得証明書,確定申告書の控え等。最新のもの。コピー可。)
  3. 連帯保証人の印鑑証明書(原本)
  4. 保証人の印鑑証明書(原本)
  5. 本人の住民票(原本)

(2)保証制度について,「機関保証」を選択している奨学生

  1. 返還誓約書
  2. 本人の住民票(原本)
  3. 保証依頼書

※ どちらの保証制度選択者も,第一種,第二種両方の採用者は,すべての書類が2部ずつ必要になります。
※ 返還誓約書に黒字で印字されている部分に訂正等がある場合,奨学生からの連絡を受け下記等の必要書類を指示します。

【様式25】返還誓約書記載事項変更届

手続期限

平成26年7月16日(水)
(書類に誤りのない状態での提出期限ですので,早めに手続き願います。)

手続場所

学生支援課奨学資金係(アドミニストレーション棟1階7番窓口)
※ 上記場所へ期限までに手続きに来られない場合は,至急下記の電話番号まで連絡してください。

奨学資金係電話番号:03-5454-6075,6076

line01.gif

平成26年度日本学生支援機構大学奨学生予約採用者(5月)のみなさんへ ―奨学生採用手続きのお知らせ―

対象者へは現在窓口で指示をしているところですが,以下のとおり手続き願います。
なお,期限までに手続きを完了しない場合採用が取り消され,既に入金されている奨学金も返還してもらうことになります。

対象者

大学入学前に申請をし,平成26年5月に採用決定となり,同月から奨学金の振込を受けた教養学部の学生

提出書類

(1)保証制度について,「人的保証」を選択している奨学生

  1. 返還誓約書
  2. 連帯保証人の収入に関する証明書
    (源泉徴収票,市区町村役所発行の所得証明書,確定申告書の控え等。最新のもの。コピー可。)
  3. 連帯保証人の印鑑証明書(原本)
  4. 保証人の印鑑証明書(原本)
  5. 本人の住民票(原本)

(2)保証制度について,「機関保証」を選択している奨学生

  1. 返還誓約書
  2. 本人の住民票(原本)
  3. 保証依頼書

※ どちらの保証制度選択者も,第一種,第二種両方の採用者は,すべての書類が2部ずつ必要になります。
※ 返還誓約書に黒字で印字されている部分に訂正等がある場合,奨学生からの連絡を受け下記等の必要書類を指示します。

【様式25】返還誓約書記載事項変更届

手続期限

平成26年6月27日(金)
(書類に誤りのない状態での提出期限ですので,早めに手続き願います。)

手続場所

学生支援課奨学資金係(アドミニストレーション棟1階7番窓口)
※ 上記場所へ期限までに手続きに来られない場合は,至急下記の電話番号まで連絡してください。

奨学資金係電話番号:03-5454-6075,6076

line01.gif

平成26年度日本学生支援機構大学及び大学院奨学生予約採用者(4月)のみなさんへ ―奨学生採用手続きのお知らせ―

対象者へは既に窓口にて指示しているところですが,以下のとおり手続き願います。
なお,期限までに手続きを完了しない場合採用が取り消され,既に入金されている奨学金も返還してもらうことになります。

対象者

大学又は大学院入学前に申請をし,平成26年4月に採用決定となり,同月から奨学金の振込を受けた教養学部,総合文化研究科の学生

提出書類

(1)保証制度について,「人的保証」を選択している奨学生

  1. 返還誓約書
  2. 連帯保証人の収入に関する証明書
    (源泉徴収票,市区町村役所発行の所得証明書,確定申告書の控え等。最新のもの。コピー可。)
  3. 連帯保証人の印鑑証明書(原本)
  4. 保証人の印鑑証明書(原本)
  5. 本人の住民票(原本)

(2)保証制度について,「機関保証」を選択している奨学生

  1. 返還誓約書
  2. 本人の住民票(原本)
  3. 保証依頼書

※ どちらの保証制度選択者も,第一種,第二種両方の採用者は,すべての書類が2部ずつ必要になります。
※ 返還誓約書に黒字で印字されている部分に訂正等がある場合,奨学生からの連絡を受け下記等の必要書類を指示します。

【様式25】返還誓約書記載事項変更届

手続期限

平成26年6月6日(金)
(書類に誤りのない状態での提出期限ですので,早めに手続き願います。)

手続場所

学生支援課奨学資金係(アドミニストレーション棟1階7番窓口)
※ 上記場所へ期限までに手続きに来られない場合は,至急下記の電話番号まで連絡してください。

奨学資金係電話番号:03-5454-6075,6076

line01.gif

学生生活支援