HOME前期課程(1・2年生)お知らせその他のお知らせ全学年

最終更新日:2021.06.03

その他のお知らせ

全学年  2021.05.31

【本部社会連携推進課より】「第132回東京大学公開講座『データ』」(オンライン)の開催について(6/5(土),6/12(土),6/19(土))

内容:データは、私たちの社会における現実的な課題解決に役立つことはもちろん、私達の想定外の世界を様々な形で見せてくれることも多く、それによってわくわくするような発見をする事もしばしばあります。データ駆動型社会に向けた情報通信技術やデータ戦略、エビデンスに基づいた社会課題解決などの現状と課題など、「データ」の正体を様々な面から皆さんと一緒に考える講座としたいと思います。

↑クリックしたら拡大

日時: 2021年6月5日(土)、6月12日(土)、6月19日(土)

プログラム:6月5日(土) データ総論
    13:00-13:40  データ駆動:サイエンスのデータ駆動化、産業のデータ駆動化、社会のデータ駆動化の俯瞰                              喜連川 優  特別教授
    13:55-14:35  偽発見の数理          小池 祐太 数理科学研究科 准教授
    14:50-15:30  データが生み出す創造性    鶴岡 慶雅 情報理工学系研究科 教授
    15:45-16:35 総括討議           越塚 登 情報学環 教授(司会)

    上記3名の講師

6月12日(土)データと科学
    13:00-13:40 モノの科学と逆問題   藤堂 眞治 理学系研究科 教授
    13:55-14:35 データを駆使したシステム薬理学による新たな医療と創薬の展開
                      鈴木 洋史 医学部附属病院 教授
    14:50-15:30 衛星データから読み解く地球のいま   横矢 直人 新領域創成科学研究科 講師
    15:45-16:35 総括討議    山西 健司 情報理工学系研究科 教授(司会)

    上記3名の講師

6月19日(土)データと人間社会
    13:00-13:40 日本史研究を取り巻くデータの収集と管理    山田 太造 史料編纂所 准教授
    13:55-14:35 オープンデータで見る日本社会の姿        三輪 哲 社会科学研究所 教授
    14:50-15:30 経済の歴史を測る         岡崎 哲二 経済学研究科 教授
    15:45-16:30 総括討議             山本 義春 教育学研究科 教授(司会)

    上記3名の講師

定   員:各日3,000名(上限)

申 込 方 法:ウェブサイト(https://www.u-tokyo.ac.jp/publiclectures/entry.html)よりお申込みください

   2021年5月13日(木)〜各回開催当日まで

受 講 料:無料

※本公開講座の詳細について、以下のウェブサイトをご参照ください。

  https://www.u-tokyo.ac.jp/publiclectures/index.html

前のページへ戻る