HOME前期課程(1・2年生)海外渡航について

最終更新日:2020.11.19

海外渡航について

海外渡航をする際は、事前に、海外渡航の届け出と「海外渡航審議依頼書」の提出が必要となります。
渡航日の1ヶ月前までに、必ず提出してください。

様式:「海外渡航審議依頼書」
提出先:海外渡航の届け出と「海外渡航審議依頼書」提出サイト
(提出サイトへのアクセスは、UTokyoアカウントでのログインが必要です。)

OSSMA:Overseas Student Safety Management Assistanceサービスについて

上記渡航届の提出の他、以下の教養学部の方針に則り、①に該当する海外渡航をする場合、
海外渡航者向けの危機管理サービスである「OSSMA(オスマ)」への加入が必要となります。

OSSMAへの加入に係る運用方針

①前期課程の学生は、当面以下の海外渡航をOSSMAへの加入を必須として扱う。
・留  学・・・全学交換留学、部局間交換留学、AIKOM、GLP、サマープログラム等
・授  業・・・全日程に引率教員がつかない全学体験ゼミナール等
・体験活動・・・FLY Program、体験活動プログラム

②上記①以外の海外渡航は、OSSMAへの加入を任意とする。
・前期課程学生で全日程に引率教員がつく授業
・後期課程学生および大学院学生の留学、授業、国際交流活動、研究・調査活動、学会参加、インターンシップ及びボランティア等

(注1)前期課程の学生の加入が必須となる海外渡航には、本学を通じて申請した海外留学奨学金を得ての渡航も含まれます。
(注2)OSSMAへの加入料金は月額3,240円~年額29,160円(税込)で、費用は各学生の自己負担となります。
    また、本サービスは学生の危機管理を支援するサービスであり、海外旅行保険や留学保険ではありませんので、
    海外渡航する学生は、別途、海外旅行保険や留学保険に必ず加入してください。

OSSMAへの加入及び詳細について

OSSMAの加入及び詳細については、以下のサイト(OSSMA学生向けウェブサイト)からご確認ください。
・(日)http://www.u-tokyo.ac.jp/res03/ossma.html
・(英)http://www.u-tokyo.ac.jp/en/current-students/ossma.html

問合せ先

OSSMA全般について
本部留学生・外国人研究者支援課生活支援チーム
E-mail: rsupport.adm[at mark]gs.mail.u-tokyo.ac.jp
*電子メールアドレスの[at mark]は@に置き換えて下さい。

部局としての取扱いについて
教務課国際交流支援チーム(アドミニストレーション棟1階)
E-mail: ryugakusei-g.c[at mark]gs.mail.u-tokyo.ac.jp
*電子メールアドレスの[at mark]は@に置き換えて下さい。