HOME前期課程(1・2年生)お知らせ教務課からのお知らせ全学年

最終更新日:2024.02.22

教務課からのお知らせ

全学年  2023.09.27

【9月28日(木)】成績の原評価(点数)の閲覧

教養学部前期課程における正式な成績の評価は、優上、優、良、可、不可の5等または
合格、不合格でなされます。
成績の原評価(点数)は、次セメスターの履修科目登録の参考として閲覧
できるようにしています。

以下の日時からUTASより成績の原評価(点数)が閲覧可能です。
閲覧開始:2023年9月28日(木)午前10時~
閲覧先:UTASの「成績・定期試験」→「成績(前期課程)」→「成績の原評価(点数)閲覧」から確認できます。
※閲覧にあたり、手続き等は不要です。

★既修/初修外国語(2年生)
平均合格の条件を満たしているかどうか必ず確認してください。
(参照先:『履修の手引き』IV 定期試験と成績の評価 3.(4)平均合格)
成績表で外国語(5単位もしくは6単位)における全体標語が「可」以上と
なっている場合でも、当該欄にはセメスター毎の条件は加味されていません。
平均合格の条件を満たしていない場合があるため、
必ず、各科目の単位数と点数から、平均合格の条件を確認してください。

★平均合格の条件を満たしていない場合は、科目に応じた履修登録の手続きを
各自遺漏ないよう行ってください。
単位取得できなかった科目は再履修または他クラス聴講することを基本としています。
平均合格は最終的な救済措置です。
「平均合格をしているから他クラス聴講をしない」といった判断は自身の責任のもとで
行うことになります。

★Aセメスターから降年となった学生のうち、降年以前に履修していた、
展開科目・総合科目・主題科目で「欠席」の科目がある場合、当該科目は10月下旬に
削除されます。
なお、成績表右下の単純平均点欄に記載されている平均点(基本平均点)は
削除前のままとなります。
 (参照先:『履修の手引き』IV 定期試験と成績の評価 4.(4)留年・降年した場合の再履修に関する注意事項)

★成績発表以後に成績が報告された一部主題科目は順次成績表へ反映します。
2年生の成績表右下における取得単位数にはこれらの単位数は含まれていません。
算入は、Aセメスター成績発表時となります。

前のページへ戻る