HOME後期課程(3・4年生)お知らせシンポジウム

最終更新日:2022.10.26

お知らせ

シンポジウム 2020.11.24

【東京フォーラム事務局より】"Tokyo Forum 2020 Online" ~Global Commons Stewardship in the Anthropocene~(12/3,4 20:00~ @Zoom)

東京大学では、2020年12月3日(木)、4日(金)の2日間で「Tokyo Forum 2020 Online」を開催致します。
https://www.tokyoforum.tc.u-tokyo.ac.jp/ja/index.html

今年のテーマは「グローバル・コモンズ」です。今日の経済社会の在り方は人類に大きな発展をもたらした一方で、
巨大な環境負荷によって地球システムに影響を与え、地球温暖化や大規模な生態系の破壊を引き起こしています。
そして、これがCOVID-19や異常気象などを通じて人類社会を脅かしていると、様々な場面で指摘されています。
地球環境を健全な姿で未来の世代に引き継ぎ、持続可能な人類社会を実現するに、私たちはどのような行動を起こすべきでしょうか。
今回のフォーラムでは、世界各国から環境、経済、社会変革などの分野の第一線で活躍するリーダーを招き、
オンラインで未来に向けた議論を行い世界に配信します。
2日間のラップアップとして、本学の学生によるセッションも予定されています。
英日同時通訳も用意しています。ぜひご参加ください。

開催日: 2020年12月3日(木)、4日(金)
時 間: 20:00-23:00
形 式: オンライン開催
言 語: 英語(英日同時通訳有)
参加方法: 事前登録制 https://tokyo-forum2020-form.com/
問合せ先:tokyo.forum[at]tc.u-tokyo.ac.jp

<主な登壇者>
Jeffrey Sachs (コロンビア大学教授、国連持続可能な開発ソリューション・ネットワーク所長)
Johan Rockstrom (ポツダム気候影響研究所所長、ポツダム大学地球システム科学教授)


The University of Tokyo will be holding the Tokyo Forum 2020 Online on Thursday, 3 December and Friday, 4 December 2020. Please see the following website for more details.
https://www.tokyoforum.tc.u-tokyo.ac.jp/en/index.html
The theme for this year will be "Global Commons".
While today's economic and social situation has brought about great development to mankind, its enormous environmental impact has affected the global system, leading to global warming and the destruction of large-scale ecosystems. It has also been pointed out in various situations that this threatens the human community such as through COVID-19 and extreme weather conditions. What actions should we take in order to pass on the global environment in a sound form to future generations and to realize a sustainable human society? This forum will invite leaders from around the world who are active on the front lines in fields such as environment, economy, and social change, and will hold discussions aimed at the future online and distribute them to the world. As a session to wrap up the two days, a session arranged by our students is also planned. Simultaneous interpretation between Japanese and English will be available. We hope you will be able to participate.

前のページへ戻る