HOME総合情報教育・研究サポート施設男女共同参画支援施設(駒場保育所)

最終更新日:2015.11.05

男女共同参画支援施設(駒場保育所)

男女共同参画支援施設駒場裏門付近にあった東大駒場地区保育所を、2004年に移転し、男女共同参画のための支援施設である保育所として整備したものです。 場所は教職員用テニスコートの南側。 同保育所は1971年に設立されて以来、駒場の教職員や学生、周辺住民の育児(と育自)をサポートしてきました。 この間、園舎が老朽化し、特に阪神大震災以降、耐震性が問題視されて移転の運びとなりました。

現在、都の認証保育所A型。運営はNPO法人「駒場保育の会」が担っています。園児は寝返りを打てるようになるとおむつからパンツとなり、泥んこ遊びを楽しみ、キャンパスをくまなく散歩します。

4歳児から高尾山登山に挑戦し、毎朝の雑巾がけで働くことを学びます。いまどき珍しい腕白小僧やお転婆娘が、毎日元気よく通園しています。

bt_homepage.gif bt_campus_map.gif

総合情報