HOME総合情報概要・基本データ沿革・歴史年表

最終更新日:2015.08.27

年表

年月日 主要事項
1949/5/31 新制の東京大学発足
(国立学校設置法=法律第150号による)
教養学部創設
第一高等学校と東京高等学校を東京大学に包摂
1949/6/8~10 第1回入学試験実施(受験者8,694名)
1949/7/7 第1回入学式(入学者1,804名、うち女子9名)
1949/7/8 教養学部開講(通常の授業は9月から)
1950/3/31 第一高等学校廃止
1951/3/31 東京高等学校廃止
1951/4/1 教養学科設置
1951/7/10 教養学部規則制定
1952/6 旧第一高等学校摂生室を改組し、教養学部学生保健診療所を設置
1953/3/28 新制東京大学最初の卒業式(教養学科第1回卒業生51名)
1953/4/20 教養学部学生相談所開所
1953/5/29 三鷹寮用地および建物を大蔵省より東京大学に移管
1962/4/1 基礎科学科設置
1964/4/1 事務組織の部制化(総務課・教務課・学生課)
1965/7/11 井の頭線「駒場東大前駅」開設(駒場駅と東大前駅を統合)
1967/1/1 東京大学保健センター設置(これに伴って教養学部学生保健診療所は東京大学保健センター駒場支所となる)
1967/6/1 アメリカ研究資料センター設置
1975/4/1 事務部に図書課設置
1977/4/1 教養学科を教養学科第一、教養学科第二、教養学科第三の三学科に改組
1979/7/7 教養学部創立30周年記念式典挙行
『教養学部の三十年』刊行
1981/4/1 基礎科学科を基礎科学科第一、基礎科学科第二の二学科に改組、事務部に経理課設置
1983/4/1 大学院総合文化研究科設置
1987/4/1 教育用計算機センター駒場支所設置
1989/7/7 教養学部創立40周年記念式典挙行
『教養学部の四十周年 1949-1989』刊行
1989/10/1 進学相談室を改組し進学情報センター設置
1992/4/1 大学院数理科学研究科設置
1993/4/1 言語情報科学専攻新設・重点化前期課程教育新カリキュラム施行
1993/6/1 東京大学三鷹国際学生宿舎開館(駒場寮廃寮)
1994/4/1 広域科学専攻生命環境科学系を新設・重点化、広域科学専攻相関基礎科学系、広域システム科学系改組発足
1995/4/1 広域科学専攻相関基礎科学系、広域システム科学系重点化
1996/4/1 比較文学比較文化専攻・文化人類学専攻・表象文化論専攻を超域文化科学専攻へ統合・改組・重点化
相関社会科学専攻・国際関係論専攻を国際社会科学専攻へ統合・改組・重点化地域文化研究専攻を改組・重点化
以上により大学院総合文化研究科の重点化が完了
教養学科第一・第二・第三、基礎科学科第一・第二を超域文化科学科、地域文化研究学科、総合社会科学科、基礎科学科、広域科学科、生命・認知科学科に改組
1999/4/1 教育用計算機センター駒場支所を情報基盤センターに改組
2000/4/1 アメリカ研究資料センターをアメリカ太平洋地域研究センターに改組
2000/11/11 教養学部創立50周年記念シンポジウム開催
2001/12 『駒場の五十年 1949-2000』刊行
2002/10/2 教養学部図書館と8号館図書室をあわせ、駒場図書館として開館
2004/4/1 東京大学国立大学法人化
2005/4/1 教養教育開発機構設置
2006/4/1 前期課程教育新カリキュラム施行
駒場コミュニケーション・プラザ北館開館
2006/7/1 事務組織改組
2006/10/1 駒場コミュニケーション・プラザ全館開館
2009/3~10 教養学部創立60周年を記念して、シンポジウム、博物館
企画展、東大駒場薪能などを実施
2010/4/1 教養教育高度化機構およびグローバル地域研究機構設置
2011/4/1 後期課程を教養学科(超域文化科学、地域文化研究、総合社会科学の3分科)、学際科学科(科学技術論、地理・空間、総合情報学、地球システム・エネルギーの4コース)、統合自然科学科(数理自然科学、物質基礎科学、統合生命科学、認知行動科学の4コースとスポーツ科学サブコース)に改組
2011/5/27 21 KOMCEE (Komaba Center for Educational Excellence)West竣工
2014/6/30 21 KOMCEE (Komaba Center for Educational Excellence)East竣工
2015/8/19  駒場国際教育研究棟竣工

 

総合情報