HOME総合情報ニュースイベント

最終更新日:2019.09.11

ニュース

イベント 2019.03.01

水のシンポジウム―日本・アジアを循環する水の文化誌―

区分 講演会等
対象者 社会人・一般 / 在学生
開催日時

2019年3月13日 13:00~18:30

開催場所 駒場地区
会場 駒場キャンパス学際交流ホール
参加費 無料
申込方法 事前申込不要
概要

――水、生命の源であるだけでなく、さまざま文化は水とともに発生し現在の地球文明を創生してきました。

雨は地に落ちて川となり、土壌を侵食し平野や肥沃な土地を生み出し、さらに養分を含んだ水は海へと流入し、豊饒の幸をもたらしました。やがて海の水は蒸発し雲となり、再び雨を大地に降らせます。

水とは一方向に流れ去るのではなく、天と地と人の間を「循環」しているのです。文化とは水の循環によって醸されているのではないでしょうか。

アジア・日本の水の文化を、循環をキーワードに演劇・民俗学・文化人類学・宗教学などの視座から探るシンポジウムを開催します。

プログラム

安藤朋子(シアターカンパニーARICA俳優)
・『水の駅』をめぐって
小川直之(國學院大學教授)
・水の儀礼と「聖水」
安室 知(神奈川大学教授)
・水田の水循環と漁撈文化-"田んぼの魚とり"をめぐって-
鈴木正崇(慶應義塾大学名誉教授)
・水の記憶・水の思想-アジアのフィールドワークから-
藤川美代子(南山大学准教授)
・水上の船で動きつづけること-定住本位型社会を生きる現代中国の水上居民-
福田アジオ(国立歴史民俗博物館名誉教授)
・水と社会

総合討議「循環する水の記憶と文化」

関連URL https://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/events/2019/03/post_190/
お問合せ先

東京大学大学院共生ための国際哲学研究センター(UTCP)
info[at mark]utcp.c.u-tokyo.ac.jp
※上記のメールアドレスの[at mark]は@に置き換えてください。

前のページへ戻る

総合情報