HOME総合情報ニューストピックス

最終更新日:2019.09.11

ニュース

トピックス 2014.11.06

[受賞] 総合文化研究科 地域文化研究専攻の谷垣真理子准教授が研究代表として第4回地域研究コンソーシアム研究企画賞を受賞しました。

地域研究コンソーシアムは、共同研究及び共同調査を通じて、国家や地域を横断する学際的な地域研究を推進し、その基盤としての地域研究関連諸組織を連携する研究実施・支援体制を構築することを目的として、2004年に発足しました。

地域研究コンソーシアム賞は、地域研究のさらなる進展を図るうえで大きな貢献のあった業績を広く顕彰します。研究企画賞は共同研究企画で、今後の地域研究の動向に対して大きなインパクトを与えたシンポジウムの開催や研究プロジェクトの遂行などの企画に対して授与されます。

受賞対象となったのは、国際研究プロジェクト「華南研究の創出」および論集『変容する華南と華人ネットワークの現在』(谷垣真理子・塩出浩和・容應萸著)(風響社、2014年)の刊行です。

プロジェクトは、科学研究費 基盤(C)「華南地域社会の歴史的淵源と現在」(2007年度~08年度)と、科学研究費 基盤(B)「北東アジアから東南アジアを結ぶ華人ネットワークについての研究」(2009年度~11年度)です。また、論集は平成25 (2013) 年度科学研究費 研究成果公開促進費の交付を受けて刊行されたものです。これらは、塩出浩和・城西国際大学准教授と容應萸・亜細亜大学副学長兼教授と協力して実施したものです。

これらの企画は多様な専門領域からなるグローバルな視野からの華南研究です。香港・マカオ・広東・福建・広西・海南などのいわゆる華南地域に限らず、サハリンをはじめ、北東アジア・東南アジア・沖縄・欧米を含めたグローバルに広がる双方向性をもった華人ネットワークの多様性を、国家や地域を超えた地域横断性の視点から多面的に解明した点で、独創性と波及性が高く評価されました。

表彰式は11月1日(土)、千葉県の日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所で行われました。

関連URL:
地域研究コンソーシアム http://www.jcas.jp/
審査結果と講評 http://www.jcas.jp/about/4_1.html
『変容する華南と華人ネットワークの現在』 http://www.fukyo.co.jp/book/b166328.html

20141106topics-1.jpg

20141106topics-2.jpg

 

前のページへ戻る

総合情報