HOME総合情報ニューストピックス

最終更新日:2019.09.11

ニュース

トピックス 2013.12.12

第64回駒場祭が開催されました

実施日:2013年11月22日 -  2013年11月24日

11月22日(金)から24日(日)まで、本学駒場Ⅰキャンパスにおいて、第64回駒場祭が開催されました。今回は、1・2年生が中心となって生み出す若々しさ・エネルギッシュさを爆発させてほしいという願いを込めた「発破」がテーマでした。開催期間中は好天に恵まれ、学生たちによる多彩な企画が立ち並ぶ中、キャンパス内は明るく賑やかな雰囲気に包まれ、初日が平日だったにも関わらず3日間で約105,000人もの来場者が訪れました。

黄金色に輝く銀杏並木には多くの模擬店が並び、体育館での天文部製作のプラネタリウム鑑賞、講堂での合唱や演奏会、今年度初めて行われた運動会馬術部による体験乗馬、屋外での茶会などなど、普段できない体験ができるのも魅力のひとつです。

また、駒場祭委員会の本部企画として、近藤誠一氏の特別講演会「これからの世界と日本人:最高学府の役割」、数理科学研究科の公開講座「円と球の解析学」、駒場博物館特別展とのコラボレーションによる公開講座「鴎外、漱石、三島も読んだダンヌンツィオ」をはじめとして、理系から文系まで幅広い分野の公開講座などが行われ、いずれも盛況となりました。

研究室、ゼミ、サークルなどの多種多様な団体による学術企画も大変好評でした。企画内容も理系から文系まで豊富に揃い、企画形式も展示型、体験型、討論会など多岐にわたり、会場となった21KOMCEE、8号館等は、終日大勢の来場者で賑わいました。

その他にも、来場者からの投票によって最優秀企画を決める駒場祭グランプリにおいて、出店・模擬店部門では「マジックカフェ」、学術文化部門では「プラネタリウム~星と僕らが出会うとき~」、音楽演奏部門では「エレクトーンコンサート2013」、パフォーマンス・演劇部門では「東大踊々夢」がそれぞれ一位に選ばれました。

また、今年度も皆さまにご協力いただき、酒類の全企画での取扱い及び、キャンパス内への持ち込みは全面禁止となりました。

関連URL:http://www.a103.net/komabasai/64/visitor/

2013komasaip1.jpg
来場者を公式マスコット「こまっけろ」がお出迎え

2013komasaip2.jpg
銀杏並木の多くの模擬店も、正門広場のパフォーマンスも大盛況!

2013komasaip3.jpg
学術企画、体験型など、多岐にわたる形式の企画が行われました

前のページへ戻る

総合情報