HOME総合情報ニューストピックス

最終更新日:2018.04.24

ニュース

トピックス 2018.04.05

東京大学地域未来社会連携研究機構の設置について

2018年4月1日に、国立大学法人東京大学地域未来社会連携研究機構(機構長:松原宏、以下「機構」という。)が設置されました。

当機構は、地域の課題解決に関わる本学の10の部局(総合文化研究科、工学系研究科、人文社会系研究科、農学生命科学研究科、経済学研究科、新領域創成科学研究科、社会科学研究所、先端科学技術研究センター、空間情報科学研究センター、政策ビジョン研究センター)が連携し、統合したプラットフォームを構築することで、「研究」「地域連携」「人材育成・交流」の3局面で相乗効果を発揮することを目的としています。

駒場キャンパスの総合文化研究科内に事務局が置かれ、自然環境学、地理学、都市工学、農学、経済学、社会学、空間情報学など、多様な分野の研究者によるフィールドワークの成果と、GIS(地理情報システム)によるビッグデータの解析やマッピング等を統合して、新たな「地域の知」を構築し、地域社会の未来を展望したいと考えています。

また、現時点では、8つの機関(国立社会保障・人口問題研究所、公益財団法人九州経済調査協会、公益財団法人中部圏社会経済研究所、公益財団法人東北活性化研究センター、公益財団法人中国地域創造研究センター、一般財団法人北陸産業活性化センター、一般財団法人日本立地センター、株式会社日本政策投資銀行)が、学外(日本国内)の連携先となっており、これらの機関との連携および協力を通じて、地域経済社会の発展に寄与してまいります。

問い合わせ先:
事務局  〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
東京大学駒場キャンパス2号館 201B
電話:03-5454-6256, 6253

20180405topics.jpg

前のページへ戻る

総合情報