HOME総合情報ニュース受賞・書籍刊行等

最終更新日:2020.08.03

ニュース

受賞・書籍刊行等 2020.07.01

【受賞】地域文化研究専攻の川喜田敦子准教授が日本ドイツ学会奨励賞を受賞

大学院総合文化研究科地域文化研究専攻の川喜田敦子准教授(ドイツ・ヨーロッパ研究センター長)が、2019年度日本ドイツ学会奨励賞を受賞しました。本賞は、ドイツ語圏地域を対象とし、著書として発表された学術研究のうち、将来性に富む優れた研究業績を顕彰し、「ドイツ語圏に関する学際的な学術研究」の発展に資することを目的として満45歳以下の研究者に与えられるものです。

受賞作:川喜田敦子著『東欧からのドイツ人の「追放」 二〇世紀の住民移動の歴史のなかで』(白水社2019)

本書のテーマであるドイツ人の「追放」とは、第二次世界大戦後に東欧一帯のドイツ系住民が、領土を失って小さくなったドイツへと強制的に移住させられたことを指します。本書は、ヨーロッパにおける国民国家形成と住民移動の長い歴史のなかにこの強制移住を位置づけ、この経験が今日の世界における人の移動と共生にどのような示唆を与えうるのかを考えようとしたものです。東欧からのドイツ人の「追放」という、長らく一国史の視点から語られてきた事象を広くヨーロッパ史的な次元に位置づけようとする姿勢が評価されました。

関連ページ:日本ドイツ学会奨励賞の記録
http://www.jgd.sakura.ne.jp/syoureisyoukiroku.htm

関連ページ:『東欧からのドイツ人の「追放」』(白水社)
https://www.hakusuisha.co.jp/book/b437617.html

前のページへ戻る

総合情報