HOME総合情報ニュースイベント

最終更新日:2021.06.18

ニュース

イベント 2021.02.26

【オンライン】東京大学 B'AIグローバル・フォーラム発足イベント「AI時代におけるジェンダー正義:参加と活動をめぐる対話」

区分

研究会等

対象者

社会人・一般  ・ 在学生 ・ 教職員

開催日時

2021/ 3/ 17 18:30 ~ 20:00 (日本時間)

開催場所

その他(オンライン)

会場

Zoom WebinarとYouTubeライブ配信

参加費

無料

申込方法

Zoomウェビナー参加は事前登録が必要です。

日本語・英語ともに:https://bai-launch-event.peatix.com/

YouTubeでの配信に関する情報は上記URLに掲載します。

申込受付期間

2021/ 2/27~ 3/17 

本文

デジタル情報技術は、いまや個人にも社会にも貢献する技術として、我々の日常に欠かせないものとなった。他方でそれは、人間社会の歪みを再生する装置としての危険をはらみ、歪みを映し出す反射鏡としても機能しうる。人工知能(AI)もその例にもれず、その技術開発において、ジェンダー差別や格差構造が再生産されてしまっていることは、すでにさまざまな事例から明らかにされつつある。このようにAIは現状の規範・統治を支え、強化する技術装置として発達してきた側面がある。それでは、AIなどのデジタル情報技術を社会で実装する際、その民主的な実装にはどのような仕組みが必要なのだろうか。ジェンダーを含め社会的マイノリティの参画を促し、公正性を実現するためのよりインクルーシブな労働環境や工学系教育には、どのような事例があるのか。科学的データは、ジェンダー平等のためにいかに公正かつ有効に利用できるのか。そのために情報工学と社会科学はどのような共同作業をすべきか。AI教育やAIの開発現場のインクルーシビティによって得られるメリットと、その実現に立ちはだかる障壁とその解消法について議論する。


【プログラム】

 司会:板津木綿子(東京大学大学院総合文化研究科 准教授)

 開会挨拶:林香里(東京大学大学院情報学環 教授)

 

 第一部:基調講演(40分程度)

    アニタ・グルマーシー(IT for Changeエグゼクティブディレクター)

    「情報知能産業におけるフェミニストな未来を目指して」

 

 第二部:パネル討論 (40分程度)

    アニタ・グルマーシー

     斎藤明日美(一般社団法人Waffle 共同創立者)

      中尾彰宏(東京大学大学院情報学環 教授)

     モデレータ:板津木綿子

 

閉会挨拶:矢口祐人(東京大学大学院情報学環 教授)


使用言語:英語(日本語への同時通訳あり。詳細はPeatixのウェブサイトをご参照ください。)

関連URL

B'AIグローバルフォーラムのHP:https://baiforum.jp/

(上記ウェブサイトの英語版は3月下旬に公開予定)

お問合せ先

東京大学B'AIグローバル・フォーラム事務局 

bai.global.forum*gmail.com
※メールを送信する際は、*を半角@マークに変更してください。

前のページへ戻る

総合情報