HOME総合情報概要・基本データ刊行物教養学部報607号

最終更新日:2021.02.03

教養学部報

第607号 外部公開

送る言葉「A Sonnet for Professor Brendan Wilson on His Retirement」

トム・ガリー・河合祥一郎

A Sonnet for Professor Brendan Wilson on His Retirement

The truth is thorny, prickly, hard to hold
Within the flabby fists of mortal thought.
That's why we need philosophers so bold
To grasp that nettle, catch what can't be caught
By weaker minds. At Komaba, our minds
Will now be weaker still, for soon we'll lose
Our mental torch, the flame that pierced our blinds.
When you retire, and go which way you choose,
Our days will dim, our classes lose their punch,
Our meetings drag, our conversations lapse.
We'll spend our mornings marking time till lunch,
Our afternoons on even longer naps.
So when you leave, please leave the light you lit
So we may keep your wisdom and your wit.
作:トム・ガリー(グローバルコミュニケーション研究センター/英語)

ブレンダン・ウィルソン先生ご退職に際して送るソネット

真実は厄介、捉え難い命題、
たるんだ思考では掴み切れない。
凡人の理解の及ばぬ難題、
掌握できるは哲学者しかいない。
君は、我らが知性の光。
君が駒場を去ってしまうと、
我らの心は陰るばかり。
君が退職し、どこへ行こうと、
我らの日々は暗く、授業はだるすぎ、
会議に疲れてお喋りも無理。
仕事するふりして午前は過ぎ、
午後には、ついつい居眠り。
どうか残したまえ、我らに導き。
ずっと聞けるよう、君が知恵と才気の響き。
訳:河合祥一郎(超域文化科学/英語)

第607号一覧へ戻る  教養学部報TOPへ戻る

無断での転載、転用、複写を禁じます。

教養学部報