HOME総合情報ニューストピックス

最終更新日:2024.02.15

ニュース

トピックス 2023.08.02

アラブ首長国連邦(UAE)教育省代表団が本学大学院総合文化研究科を訪問

2023年7月26日(水)に、アラブ首長国連邦(UAE)教育省のアーミナ・アッシャームスィー次官補を団長とする代表団が本学駒場キャンパスに来訪し、本学大学院総合文化研究科の真船文隆研究科長と両国間の学術交流について協議を行いました。
本年7月17日には岸田文雄首相がUAEを訪問し、ムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領との会談のなかで、教育分野における協力覚書の署名を発表しています。今回のUAE教育省代表団による本学への訪問は、日本・UAE間での具体的な学術・教育交流の可能性を探る目的のもとで実施されました。

会談にはシハブ・アルファヒーム駐日UAE大使が臨席し、UAE教育省からサミーラ・アルハウサニー課長、アーミナ・アルハンマーディー氏、駐日UAE大使館からモハメッド・アルファラヒ参事官が同席しました。また、協議のために本学の中東地域研究センター(UTCMES)から高橋英海センター長、苅谷康太准教授、森元誠二客員教授、鈴木啓之特任准教授、木村風雅特任助教、倉澤理特任研究員(バフワーン文庫)が同席しました。

冒頭に、真船研究科長はUAE教育省代表団による本学への来訪を歓迎し、本年3月のUTCMES関係者によるUAE訪問、本年6月の駐日UAE大使による本学来訪に言及しつつ、両国間の学術・教育関係のさらなる発展を期待すると述べました。

これを受けてアッシャームスィー次官補は、UAEによるアラビア語講座提供の可能性、UAEの諸大学と東京大学との間の学術協定のあり方、具体的な学術・教育分野における交流スキームについて協議したい旨を述べました。また、アラビア語教育に留まらず、自然科学や芸術分野での学術交流も積極的に行いたいとの意向が示されました。

代表団と本学参加者のあいだでは、その後に率直な意見交換が行われ、学術・教育交流に関して継続的に調査・情報提供を行うことが約束されました。

20230726_UTCMES1.jpg
学術・教育分野での交流について率直な意見交換が行われました

20230726_UTCMES2.jpg
真船研究科長から来校の記念品が手渡されました

20230726_UTCMES3.jpg
今後の交流に向けて調査・情報交換を行うことが約束されました


【関連URL】
中東地域研究センター(UTCMES):https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/UTCMES

前のページへ戻る

総合情報